◆世界から見た日本人『世界の日本人ジョーク集』◆ 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > スポンサー広告 > ◆世界から見た日本人『世界の日本人ジョーク集』◆ホーム > 中国 生活 > ◆世界から見た日本人『世界の日本人ジョーク集』◆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


◆世界から見た日本人『世界の日本人ジョーク集』◆

◆◆北京のダーシーって誰よ!◆◆
http://daxi.blog55.fc2.com/


北京の友、じゃんすさんから紹介してもらった『世界の日本人ジョーク集』が面白かったので紹介しちゃいます。

『世界の日本人ジョーク集』
世界の日本人ジョーク集
この本、日本人を題材にしたジョークを集めたものですが、日本人が、世界の人からどのように見られているのかがよく分かります。

多くは、我々自身が想像するように、「勤勉」「金持ち」「モノ作り国家(ハイテク・ハイクオリティ)」「(時間等に)正確」と言ったところです。

一方、中国人は、ダメなネタに使われることがほとんどですが、唯一、料理については高評価でした。

幸福論と考えたフレーズで、「人生における最高の生活」を例えると、
「アメリカで給料をもらい、イギリスに住み、中国人のコックを雇い、日本人を妻にすること」

一方、「最低な生活」を例えると、
「中国で給料をもらい、日本の住居に住み、イギリス人のコックを雇い、アメリカ人を妻にすること」

とのことです。なんか、すごく分かるような気がします。

その他、以下のようなジョークが面白かったです。
海外に出る前に、日本人自身が日本人を題材にしたジョークを憶えてから行くと、今までとは違った交流ができるかもしれませんよ。

ある酔狂な大富豪が言いました
「もし、わたしに青いキリンを見せてくれたら、莫大な賞金をだそう」
イギリス人 : そんな生物が本当にいるのかどうか、徹底的に議論を重ねた
ドイツ人  : そんな生物が本当にいるのかどうか、図書館へ行って文献を調べた
アメリカ人 : 軍隊を派遣して、世界中を探し回った
日本人   : 品種改良の研究を昼夜を問わず重ねて、青いキリンを作った
中国人   : 青いペンキを買いに行った



会社からいつもより早めに帰宅すると、裸の妻が見知らぬ男とベッドの上で抱き合っていました。
アメリカ人 : 男を射殺した
ドイツ人  : 男にしかるべき法的措置をとらせてもらうと言った
フランス人 : 自分も服を脱ぎ始めた
日本人   : 正式に紹介されるまで名刺を手にして待っていた



アメリカ人、日本人、ロシア人の三人がサウナに入っている時に、「ピーピー」という音が聞こえてきました。
アメリカ人が左ひじの辺りを軽く押すと、その音は止まった。他の二人が怪訝そうな顔をしてアメリカ人を見ていると、アメリカ人は
「これはポケベルなんだ。ひじの皮膚の下にごくうすの最新チップが埋め込んであるのさ」

次に、「プルプルプル」という音が聞こえると、日本人が手のひらを耳に当てて話し始めた。
「これは電話なんです。手に世界一小さなチップが埋め込んであるんですよ」それを見たロシア人は、自分が何も持っていないことが悔しくてその場を後にした。
しばらくして戻ってきたロシア人は、トイレに行ってきたらしく、お尻にトイレットペーパーの切れ端がぶら下がっている。

アメリカ人と日本人が見ていると、ロシア人は
「おぉ、ファックスを受信したみたいだ」と・・・。

いろいろな国民性を、著者の早坂隆氏の解説やエピソードを交えて書かれており、そのジョークの背景も分かって、かなり面白いです。


その他、早坂隆氏は以下のような著書があります。
オススメです。

『ジョークでわかるイスラム社会』
ジョークでわかるイスラム社会

『世界反米ジョーク集』
世界反米ジョーク集



人気Blogランキング←人気Blogランキング参加中!
ポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
-----------------------------------------------------------------

懸賞で今話題の商品や現金をゲット!


簡単そうで意外と、意外と上手くいかないものです。

プレステ3欲しい・・・。
かなり燃えそうです!




 

 

 



-----------------------------------------------------------------
[ 2006/11/15 00:29 ] 中国 生活 | TB(1) | CM(14)


世界のジョークコラムを新聞で見たことがありますが・・。お国柄ジョークって面白いですよね。
ダーシーさんのブログは 面白い&楽しいですわあ~。v-20
[ 2006/11/15 11:09 ] [ 編集 ]
この本持ってます(笑)
[ 2006/11/15 17:57 ] [ 編集 ]
お褒め頂き有難う御座います。
今後とも宜しくお願い致します!ペコリ
[ 2006/11/16 03:08 ] [ 編集 ]
さすが!!
どの部分で笑った??
[ 2006/11/16 03:09 ] [ 編集 ]
ハッハハ・・・
全部笑えますね。
私も日本に帰ったらこの本を買って読んで気分晴らしでもしょう。
[ 2006/11/16 10:21 ] [ 編集 ]
有名かも知れませんが、こんなのもあったね。

沈没寸前のタイタニック号。女性と子供を優先してボートに乗せるよう船長は指示をしたが、それに納得しない各国の男性に対し船長が説得した方法。

イギリス人:
どうして女性が先なんだ!

船長→イギリス人:
レディーファーストがジェントルマンの精神です。貴方も真のジェントルマンなら、女性を先に乗せてあげるべきです。貴方は誇り高き英国のジェントルマンではないのですか?

イギリス人:
私はもちろんジェントルマンだ。女性が載り終わるまで待ちましょう。


アメリカ人:
女性が先なんて不公平だ!

船長→アメリカ人:
女性や子供、弱いものを助けるのがアメリカのヒーローではないですか?もし、あなたが助からなくても、貴方は真のヒーローとして歴史に名を残すでしょう。

アメリカ人:
そうか、ヒーローになれるのか。では、是非女性と子供を優先してください。



日本人:
どうして、女性が先なんだ!

船長→日本人:
みなさん、そうされてます。

日本人:
みんながそうするなら仕方がない....

[ 2006/11/16 14:56 ] [ 編集 ]
是非是非!

2,3時間でザクッと読めちゃいますので、息抜きにもオススメです。
[ 2006/11/17 01:06 ] [ 編集 ]
さては持ってますな!w

[ 2006/11/17 01:07 ] [ 編集 ]
ジョークというかユーモアというか、僕が個人的に好きな話(実話)は↓

2000年7月 米国の独立記念日の洋上式典に参加した世界各国の帆船170隻のが集まる中、英国の豪華客船「クイーンエリザベスⅡ」が係留中の海上自衛隊の自衛艦「かしま」の船首部分に接触事故を起こした。
着岸後「QEⅡ」からすぐさま、船長のメッセージを携えた機関長と一等航海士が謝罪にやってきた。
相手の詫び言に対応した「かしま」艦長はこう答えた。

「幸い損傷も軽かったし、別段気にしておりません。それよりも女王陛下にキスされて光栄に思っております」
[ 2006/11/17 01:24 ] [ 編集 ]
ほほぉ、日本人にもそんな気の利いた発言ができるんですね。

ユーモアある日本人って、ほんと少ないからなぁ。。。
[ 2006/11/17 01:56 ] [ 編集 ]
中国が青いペンキを買いに行った、ってのに笑いました。
緑化運動の一端か、実際山の地肌に緑のペンキを塗りたくったそうですからね。ジョークどころか実話になりそうです。
[ 2006/11/20 10:29 ] [ 編集 ]
まぁ、なんてもありのお国柄ですから。。。w
[ 2006/11/21 02:53 ] [ 編集 ]
●日本を怒らせる方法
各国の政治家が集まって「どうしたら日本を怒らせることが出来るか」について話し合った。
中国の政治家が言った。
「我が国は潜水艦で日本の領土を侵犯した。それでも日本は潜水艦を攻撃してこなかった」
韓国の政治家が言った。
「我が国は竹島を占領した。それでも日本は攻撃してこない」
ロシアの政治家が言った。
「我が国はもう長きにわたって北方の島々を占拠している。それでも日本は攻撃してこない」
それらの話を黙って聞いていた北朝鮮の政治家が笑いながら言った。
「そんなこと簡単ですよ。我々が核兵器を日本に使いましょう。そうすればさすがの日本も怒るでしょう」
すると、アメリカの政治家が首を横に振りながらこう言った。
「無駄だね。それもうやっちゃたもの」


日本 「すまん。トイレ逝ってくる」
米露韓中北「いってらー」
中国 「(ヒソヒソ)日本を本気で怒らせてみたいが、難しい。潜水艦で領海に入っても怒らない」
韓国 「独島を占拠しても怒らない」
ロシア「北方領土を返さなくても怒らない」
北朝鮮「なら、おれが核ミサイルをぶち込んでみようか」
米国 「よせ、それはもうおれがやってみた」
米露韓中北「一体どうすれば…(途方にくれる)」
中・韓「俺らは日本人を怒らせようと犯罪者を大量に輸出してみたんだが、逆にビザ免除に動いてくれてるし‥」
北・露「ふーむ…」
米国 「・・・あ、でも、牛肉に脊柱にいれたら、日本国民が激怒したな‥」
露韓中北「それは、おまい怒るよ」
中国 「野菜に毒(農薬?)盛ったら怒ったぞ?」
韓国 「生ゴミ餃子も怒った」
米国 「寄生虫の卵を食い物に入れて輸出しあってる奴はちょっと黙れ」
ロシア「あいつ、食い物以外じゃ怒らねーんじゃねーの?」
米韓中北 「あ!」





中国  「日本を本気で怒らせてみたいが、難しい。潜水艦で領海に入っても怒らない」
韓国  「独島を占拠しても怒らない」
ロシア 「北方領土を返さなくても怒らない」
北朝鮮 「なら、おれが核ミサイルをぶち込んでみようか」
米国  「よせ、それはもうおれがやってみた」
5カ国  「一体どうすれば‥」
中韓  「俺らは日本人を怒らせようと犯罪者を大量に輸出してみたんだが、
      俺らの国の国民にビザ免除に動いてくれてるし‥」
北露  「ふーむ‥」
米国  「あ、そういえば、愛知万博が弁当持込不可にしたら、
     日本国民が激怒したと聞いたな‥首相まで出てくる騒ぎになったとか‥」

その他 「な、なんだってー!!!!!」



あのね、今は衛生観念のなってない国からの輸入品がたくさんあるの。
日本は今莫大な量輸入しているから見落としはあるだろうし。
昔の殿様だって毒見役がいたんでしょ?
毒物で我が子を殺されて、作った相手を憎まずにいられる親が居ますか?
日本人は 『食べ物の恨みは恐ろしい』と言う言葉があります。
食に対して貪欲とかそういう次元の問題とは違うんです。
なんせく口の中に入れるんですから。
[ 2007/06/04 19:35 ] [ 編集 ]
詳細のご記載有難う御座いました。。。
[ 2007/06/06 01:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://daxi.blog55.fc2.com/tb.php/99-c205b56e

←「世界の日本人ジョーク」です!!巷で話題の本なんでしょう?友からそう言われて買っちゃったよん!!おもろいからGOOD!!世界では、日本人がどう思われてジョークにされているか!!そして、その裏側、バックグラウンドに対する解説がおもろい!!まだ全部は読ん..
[2006/11/25 21:55] 神楽のお部屋。
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。