FC2ブログ

胡同さ迷い利群烤鴨店で北京ダック in 中国北京 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > 北京 食べる・飲む > 胡同さ迷い利群烤鴨店で北京ダック in 中国北京

胡同さ迷い利群烤鴨店で北京ダック in 中国北京

昼間っから北京ダックを食べよう!ってことになり、久しく行ってなかった利群烤鴨店(北京ダック)へ。

北京の老舗北京ダック店『全聚徳』の元料理人が開いたお店で、胡同の中にある四合院で北京ダックを味わえるお店としても有名ですね。

ただでさえ分かりにくい場所にある利群烤鴨店
過去に何回か行った程度で、辿り着く自信ないまま胡同に入り込み、案の定迷いました。

で、仕方なく自転車タクシー拾って連れて行ってもらうことに。

そうそう、ここココ。
周りは開発に次ぐ開発で装いが変わっていく中、記憶のままのお店が残っていました。
利群焼鴨店(北京ダック)1

入口入ると突き当たりある北京ダック調理場。
まぁ、調理場と言っても焼いてるだけな訳ですが、観光客と思しき団体様がパシャパシャ写真を撮っていたので、ワタクシも便乗してパシャリ。

以前来た時は、観光客慣れした焼き場係りのおじさんが、お願いしてないのにカメラ目線でにっこりしてくれたものですが、今回は無愛想なおじさんでした。
利群焼鴨店(北京ダック)2

観光客にそのままついて行き、ついでに調理場も。
利群焼鴨店(北京ダック)3

で、食べたのがこちら。
未だに漢字だけのメニューが読み切れず、店員さんにススメられたモノの中からチョイスしたのですが、どれもなかなかの美味しさでした。
利群焼鴨店(北京ダック)11 利群焼鴨店(北京ダック)4
利群焼鴨店(北京ダック)7 利群焼鴨店(北京ダック)8

が、家帰ってからグルメ本見たら、右上の乾焼四宝(鴨肉・砂肝入り野菜炒め)と、左下の椒塩鴨架(肉を取った後の鴨のから揚げ)が見事に載っていました。
日本人がよく注文するのをススメられただけだったのかも・・・。
その他では、北京ダック屋行ったら必ず注文してしまう鴨肝を食べました。

で、過去に何十回と見たダックを捌くパフォーマンス。

屋外席だったら頼まないとやってくれない(焼いたダックを見せるだけで、どっか持って行って捌いてくる)のですが、個室に入ったので真横で捌いてくれ、いつも通りガキンチョは釘付けでした。
利群焼鴨店(北京ダック)9

ここ利群烤鴨店の北京ダック。

北京ダック自体は可もなく不可もなくって感じで、まぁそれなりには美味しいのですが、特段美味しいかと言われると、決してそんなことはなく、他に美味しい北京ダック屋はいくらでもあり。ってのが、ワタクシの過去からの印象です。

で、今回はと言いますと、ちょっと焼き過ぎな感じで、ワタクシの中での美味しい北京ダック屋ランキングは上がらずじまいでした。
利群焼鴨店(北京ダック)6
  
北京ダックパーティー♪【送料無料】のプレミアム北京ダック
【送料無料】パリッとジューシー、北京ダックセット
中華オードブルの決定版!ザ・中華オードブル激旨中華

と言いながら、胡同の中にあって、かなりさびれた感じで老舗のような雰囲気と相まって、トータルでは美味しいと思ってしまうから不思議なもので、お店的には結構好きです。

なので特に欧米人に人気があって、夜などひょっこり行っても、かなりの確率で満席なんでしょうね。

本帰国までには、もう一回くらいは行こうと思います。

≪お店情報≫
利群焼鴨店(北京ダック)
住所:北京市前門東大街正義路南口北翔鳳胡同11号
電話:010-6705-5578/6702-2681
 ※個室代別途30元(最低消費条件なし)
ランキングはこちら

≪北京ダック関連過去記事≫
大董火考鴨店で食す!(2006.8.3)
幼なじみと北京ダック(大董2号店)&飲み(2006.9.10)
久しぶりの北京ダックを『北京金宝酒家』で食す(2006.11.3)
また新たに北京に北京ダック屋『上縁坊』(2006.11.21)
『北京小王府』で北京ダック(2007.1.19)
中国セブンイレブンの北京ダック寿司(烤鴨寿司)を食す in 中国北京(2007.4.27)
ケンタッキー(肯徳基)の北京ダック巻き(老北京鶏肉巻)を食す in 中国北京
香満楼酒家で北京ダック in 中国北京


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 

おまけ
先日久しぶりに遭遇したうんこ禁止トイレ
利群烤鴨店もウンコ禁止となっておりますので、お腹の調子悪い方は、出すもの出してから行きましょう!!
        利群焼鴨店(北京ダック)10


【北京駐在生活日記】
北京のダーシーって誰よ!ブログ(Blog)
http://daxi.blog55.fc2.com
[ 2009/04/28 23:23 ] 北京 食べる・飲む | TB(1) | CM(6)


利群は味云々より雰囲気を味わいたい人向けですよねぇ。

とはいいつつ夜なんか白人連中がわんさかいて雰囲気もへったくれもないわけですが。w

[ 2009/04/29 17:27 ] [ 編集 ]
夜行ったら白人ばっかで、雰囲気もへったくれもないようですね。
観光客向けとは分かっていながら、結構満足しちゃいました。www
[ 2009/04/30 01:09 ] [ 編集 ]
ここの魚香肉【糸糸】を食べた時、
あまりに美味しくてしばらくその味を忘れられなかったんですよねぇ。
久しく食べてないから、食べに行きたいなぁ。
[ 2009/05/03 19:27 ] [ 編集 ]
しらなかった。。。
こんどたべてみます。って、じかいいついくだろう。。。
[ 2009/05/03 23:44 ] [ 編集 ]
以前、紅包と名乗っていた者です。
覚えておいででしょうか?

以前、蘇州でトイレに入ったとき、こんなトイレがありました。
そのときは大がしたかったのに!
[ 2009/05/05 02:50 ] [ 編集 ]
って、笑ってはダメですね。
失礼しました。。。w
[ 2009/08/17 00:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://daxi.blog55.fc2.com/tb.php/763-5faa2876

北京ダックと言えば、"全聚徳[ゼンシュトク]"が有名です。ここの本店で食べるというのも、ひとつの選択種ではありましたが、今回は知る人ぞ知る名店で頂くことにしました。"利群烤 ...
[2012/01/04 01:28] Bon appetit*
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング