FC2ブログ

雲騰食府(雲南料理)で過橋米線 in 中国北京 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > 北京 食べる・飲む > 雲騰食府(雲南料理)で過橋米線 in 中国北京

雲騰食府(雲南料理)で過橋米線 in 中国北京

雲南料理を食べに行こう!ってことで、同僚が選んでくれた雲騰食府
雲南省直轄の招待所の中にありました。
雲南料理の雲騰食府(北京)1

いきなり驚かせらたのがこちら。
ハーブと湯葉を絡めてタレを掛けただけのもの。
雲南料理の雲騰食府(北京)5

ハーブは見事に茎まで付いた状態で、草むしって食べるってこういうことなんだろうと思いながら半信半疑で口にしたら、意外にも美味しい。

なんとも表現し難い食べ物ですが、ハーブは飾りで付いてくるミント程に匂いがきつくなく、香菜程に癖もなく、意外にも箸が進んでしまう一品でした。

その他、出されるがままに食べた品々。
雲南料理の雲騰食府(北京)3 雲南料理の雲騰食府(北京)11
雲南料理の雲騰食府(北京)2 雲南料理の雲騰食府(北京)6
雲南料理の雲騰食府(北京)7 雲南料理の雲騰食府(北京)4

気に入ったのは二品。
一つ目は、写真上段右の豆腐にハム乗せただけのような食べ物。(名前忘れました)
見かけ豆腐の白い物体、豆腐は豆腐なのですがチーズ豆腐で、上に載せられた生ハムとのマッチングは最高でした。

二つ目は、雲南伝統スープの汽鍋鶏(写真中段右)
鶏のダシが良く出ててスープ自体は非常に美味しかったです。
まぁ、中身の鶏は、スカスカでしたが。。。

写真中段左の竹筒排骨は、お店の人に絶品と薦められた割には・・・って感じでした。

人気ランキングはこちら

で、〆には雲南料理お決まりの過橋米線
具と麺とスープと別々に運ばれて来て、食材を自分でスープに入れて食べる麺料理で、昨今、日本でも話題の麺だと聞いていますが、実際にはどうなんでしょう。
雲南料理の雲騰食府(北京)9

でも、ショックだったのが、通常過橋米線といえば、グツグツ煮えたぎったスープが出てくるものだと思っていましたが、ここ雲騰食府では、湯気こそ上がっていましたが、煮えたぎったスープとはいえず「そんな低温で生ものに火が通るのか?」と、これまた不安にさせられました。

実際には薄味であっさりしていたのですが、意外と油分が多いようで、沸点が高かった故に、グツグツしていなかっただけで、十分に火は通っていると言い聞かせて食べました。

で、結果は非常にグー!な感じでした。
雲南料理の雲騰食府(北京)10

過橋米線は、伝統過橋米線海鮮過橋米線の二種類があります。
各々20元と40元の値付けですが、横の人の食べていたのを見る限り、倍のお値段程の違いはないように思いましたが、実態は如何に。。。
量は〆に一人で食べるには少々多く、二人でひとつ注文すれば十分でしょう。

最近、辛い&濃い中華料理ばっかりだったので、久しぶりのあっさり中華に満足でした。
また機会があれば、と思いますが、如何せん場所が分かりにくいので、単独では行かないかなと。。。

でも、お世辞抜きでなかなか美味しかったですよ!!

  
日本テレビ『ナイナイサイズ』で放送!極上スープの汽鍋鶏
キング・オブ・グルメ中国・アジア料理店

≪お店情報≫
雲騰食府(雲南料理)
住所:崇文区東花市北里東区7、8号楼 雲騰賓館1F
    (雲南省人民政府駐北京事処内)
電話:010-6713-6439
ランキングはこちら    楽天(Rakuten)今週の売れ筋ランキング

いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 


【北京駐在生活日記】
北京のダーシーって誰よ!ブログ(Blog)
http://daxi.blog55.fc2.com
[ 2009/04/21 23:23 ] 北京 食べる・飲む | TB(2) | CM(4)


TBありがとうございます。
こちらのお店、おいしいですよね。現地の方が選ばれたと言うことはそれなりに有名なんでしょうか。
機会があればやはり大人数で行っていろいろ珍しいものを頼んでみたい所ですね。
これからも北京のいいお店、どんどん紹介してください。
[ 2009/04/22 17:47 ] [ 編集 ]
ダーシーさん、こんばんわ。過橋米線のリポート感激です!写真すごい美味しそうですね、特に葉っぱのやつ。器を無防備にはみ出す葉っぱと湯葉が、なんとも母性をくすぐります・・・。この間神田末広町の過橋米線に、北京帰りの女子と行ったのですが気鍋とつまみでお腹一杯になってしまい、麺が食べれず、それ以来悔やんでいたのでした・・・。今度はオヤジを連れてぐらぐら煮立つスープとブヨっとした麺を堪能したいです!!!
[ 2009/04/22 23:06 ] [ 編集 ]
コメント有難う御座いました。
確かに中華料理は大人数で行くに限りますね。
しかし、よくたどりつけましたね、あんな辺鄙なところに・・・。w
[ 2009/04/24 02:21 ] [ 編集 ]
ハーブのやつは、見栄えに反してなかなか美味しかったです。加えて、雲南人は日々こんなのを食べてるのかと、少々驚きました。w
神田末広町には、過橋米線食べれるところが多くあるのでしょうか。検索したら、結構な数が引っ掛かりました。
日本で食べる中華も、また違った美味しさがありますよね。また流行りの中華を教えて下さい!!
[ 2009/04/24 02:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://daxi.blog55.fc2.com/tb.php/759-60c35aeb

過橋米線最寄駅:上野御徒町 / 御茶ノ水 / 秋葉原 / 末広町 / 御徒町料理:雲南料理 / 薬膳毎日更新のあるこのブログ。 実は時限ブログなのでタイムリーな記事って殆どないのですが、 「今日撮らせていただいた写真はインターネットでアップしてもいいですか?」と伺う
[2009/04/23 22:30] 資格ゲッターが行く!
【7月3日調査・登録】  この店では中国雲南地方の料理を提供しています。  《前回のこの店の調査・登録:中国雲南料理Part2》  Part1・2でも紹介しましたが、この店の「酒の肴シリーズ(全品298円)」は、味は絶品・価格は愕然・・・と驚異的なCPを誇ります。 ...
[2009/04/24 06:17] 千代田グルメ遺産
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング