FC2ブログ

那家小館の満州官府私家菜(宮廷料理) in 中国北京 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > 北京 食べる・飲む > 那家小館の満州官府私家菜(宮廷料理) in 中国北京

那家小館の満州官府私家菜(宮廷料理) in 中国北京

前々から行ってみたいと思いながら、すっかり忘れていた那家小館

満州族の名門一族で那家に伝わる伝統の家庭料理のお店です。
宮廷料理と聞いていたのですが、ちょっとイメージと違ったような。。。
那家小館 満州官府私家菜1

場所は北京の中心地に位置する双子座ビルの真後ろにあるのですが、四合院を改造したお店だと聞いていたので、「えっ、こんなところに・・・」って感じで、ビックリでした。

中に入ると、吹き抜けになっていて、2階に席が広がっているようです。

吹き抜け手前にはうるさい九官鳥がいて、早い時間に行くと「ワーワー」わめいて、その声の大きさは店内一杯に響き渡るほどです。
かなりうるさいので、客が増えてくると裏にしまわれてしまうのがちょっと哀れ。。。
那家小館 満州官府私家菜3

会食メンバーが超VIPだったので、店をうろうろすることも出来ず、出迎えて個室に直行。
ayaziさんの記事を見る限り、屋外の席もあるようで、いろいろな趣の空間で食事を楽しむことが出来るようです。
那家小館 満州官府私家菜4 那家小館 満州官府私家菜2

行ったメンバーがメンバーだっただけに、一つ一つを味わうのも間々ならず、常にクルクル回っていたので、料理単体をパシャパシャすることも出来ず、料理が並べられた円卓をパチリが限界でした。

オーダーはお任せだったので、何がなんだか分からず食べてきましたが、海老を揚げて甘辛く炒めた(秘制酥皮蝦だったかな?)のと、羊の足の丸焼きが美味しかったです。
那家小館 満州官府私家菜5

で、何ゆえにここで食べる必要があるのかと思いながらも、時期も時期なのと、VIP向けの料理と言うことで上海蟹(大閘蟹)。この時期のお決まりですね。
(個別に運ばれてくるものは、お偉いさんの顔色伺いながら、かろうじて写真撮れました)
那家小館 満州官府私家菜6

先日『圓苑酒家』で食べた上海蟹(大閘蟹)と比べると小ぶりでしたが、美味しくいただきました。しかし、今年は既に三回目の上海蟹(大閘蟹)で、例年に比べハイペースで食しています。
この時期にエライ人来てくれると、このお味にありつけるから、結構嬉しかったりします。

そして、最後に主食として出された皇壇子。
(これも個別に配膳されたのでなんとか写真撮れました)
那家小館 満州官府私家菜7

フカヒレその他食材の入った、コッテリしたスープで、そのままのお味で楽しんだ後は、薬味入れたり、ごはんを入れて食べたりと、三度美味しさを楽しめます。

この皇壇子、ここ那家小館の定番メニューのよう、かなり気に入りました。
これだけ食べにまた行きたいほどです。

さすがは評判だけのことはあり、サービス・お店の雰囲気と非常によく、接待にも十分に使えるお店でした。
ってことで、次回お客さん来たらここにお連れして、またもや、会社経費で楽しみたいなと企んでいます。

≪お店情報≫
那家小館 満州官府私家菜
住所:朝陽区建国門外永安里119中学西側
電話:010-6567-3663
Web:http://www.najia.com.cn/
ランキングはこちら


  
「チャングムの誓い」で学ぶ宮廷料理 DVD-BOX
杏仁豆腐 100g(冷凍) 超得0310
外はカリカリ中身はもっちもち!!たっぷりのニラに、ぷりっとしたエビも入って



いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング   



■□旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】□■
■□JTBの新着旅行はこちら!□■
■□自分で楽しむ現地密着型の海外旅行ならダイナミックパッケージ□■
■□働くんだったらヒューマネット!□■
■□医療機関向け予約システム□■
■□STYLE□■
■□信頼度抜群!リピーター急増の出会い□■

[ 2008/09/28 08:08 ] 北京 食べる・飲む | TB(0) | CM(10)


北京出張前にダーシーさんのブログの情報を見て、大変参考になりました!
実は出張中に、たまたまこのお店を使いました。
食事は日本人にも合う味でどれもたいへんおいしかったのですが、
腹の調子が悪く、あまり食べられず残念…。
ホテルの朝食に必ず食べていた、蒙牛・伊利ヨーグルトが悪かったんですかね…(笑)

[ 2008/09/30 11:57 ] [ 編集 ]
コメント有難う御座いました。
乳製品は多方面にて騒がれていますが、嬉しいかな悲しいかな、ワタクシは一切影響がありません。きっと、免疫が出来てしまっているのでしょう。。。大丈夫か、俺のカラダ。。。w
参考になるところありましたら、どんどん活用してやってくださいませ。
またのコメント楽しみにしております。
[ 2008/10/06 03:55 ] [ 編集 ]
テーブルの真ん中で金魚 泳いでません???
そー言うものを見ながら食事するのは何とも生臭すぎてと
言う気がしますが、如何なもんでしょう。
[ 2008/11/03 10:53 ] [ 編集 ]
ビンゴです。。。
ってか、何も違和感を感じなかったワタクシは、中国に侵されしまっているのでしょうか。www
[ 2008/11/04 00:30 ] [ 編集 ]
こんど友達同士10人グループで北京に行きます。
このお店に是非行ってみたいのですが、例えば接待で
お任せで予約する場合1人当り予算幾ら位が普通ですか?
日本と貨幣価値が違うとかいいながら高級店では東京と
変わらないとか聞きますのでよく分らないのです。
ダーシーさまの接待で上の写真では1人幾らぐらいの料理(飲み物・サービス料は別)ですか?
上海蟹付きですから相当高いでしょうね?
1人300元~400元位の予算を考えていますが、この予算ではこの店では一通りの定番料理は期待出来ませんか?

ご教示頂ければ幸いです。
[ 2009/09/25 17:04 ] [ 編集 ]
コメント有難うござました。
質問いただいた件ですが、いやぁ回答が難しい、、、。
何を食べるかによって値段もピンキリですから、一概に言うのは難しいですが、普通に食べれば150-200/人もあれば十分でしょう。

ただし、アワビやナマコなどの高級食材を注文してしまうと、時価だったりするのでなともいえません。
上海蟹も大きさによってピンキリですが、この時は150-200元/杯ぐらいだったと記憶しています。

10名でいらっしゃるとのこと、200元/人だせばかなりの料理が食べられますね。
ガイジンも多く、確か写真付きのメニューだったと思うので、お値段見ながらご注文されるといいでしょう。

300-400元/人出せば、、、ですが、一通りどころか一般料理を二周りぐらい食べれちゃいます。w
ちょっと高めな紹興酒とか飲んでも、十分に満足できると思います。

不明あれば、またお声掛け下さいね。
[ 2009/09/26 03:29 ] [ 編集 ]
 ダーシー様
投稿日の深夜に早速お返事頂き誠に恐縮です。
週末パソコンを開けないため、御礼が遅くなりまして申し訳ありません。改めて感謝申し上げます。
 去年「地球の歩き方」でダーシーさんコラムを発見。
顰に倣ってロビーでお茶以来ブログ拝見してます。
(今年はこのホテルにステイすることにしました。)
北京ダックはダーシー様オススメの大董に行き納得。
今年もここに行くつもりですが、初北京のメンバーが期待している宮廷料理の店をどこにするか悩みの種です。
去年倣膳や美味珍は観光客向けのようでしたし、天地一家は勘定が怖く夜は断念。昼の飲茶で濁してきました。
那家小館は清朝のテイストが雰囲気よさそうですし、ダーシー様が接待を口実にまた行きたいと言われるぐらいなら折り紙つき間違いなしとここに決めました。
こんな高級店で普通に食べるなら150元~200元ですか?
大董では宴会お任せ料理なら最低400元~らしいと聞いたことがあるのでこの料金は正直驚きです。
ブログでは「会食メンバーが超VIPだったので・・」
とありましたので、1人1000元位かと思ってました。
ブログの写真で(上海蟹は別枠として)皇壇子という名物料理を入れてもそんな安いのですか?
 それと注文の仕方ですが、(個室料や税金・サービス料・飲料は別勘定として)1人?元で宴会お任せ料理をお願いしますというような予約方法は一般的ですか?
北京に到着した夜の宴会となるのでちょっと豪華にやりたいなと考えております。
その場合10人で1人300元だとすれば接待に使えるレベルの料理になりそうですか?
お手すきの折にでもご教示下されば幸いです。


[ 2009/09/28 14:07 ] [ 編集 ]
コメント見落としてました!
大変失礼しました。

「地球の歩き方」のワタクシを発見されたとは、、、。
ビックリです。

さて質問頂きました件、以下に回答します。
宮廷料理的な食べ方をされたいのであれば、それなりの食材を使った料理になるでしょうから、もっと奮発される必要があるかもしれません。
明確な回答になっていませんが、要は何が食べたいかです。

金額を設定してコース化してもらうことも全く問題ありません。
食べたい料理があれば、それらの料理を含めてコースお願いする場合、いくらぐらい出せばそれなりの形になるかを問い合わされると、的確な回答を得られると思います。

高級にしようと思えば金額は天井なしです。
要は寿司屋に行って、巻物だけで済ますのか、トロやウニを食べるのか、更にはアワビをひとつ潰してもらって丸ごと食べるかなどの違いとイメージ下さい。
ただし、お店自体は天地一家のような絶対的な金額の高さはありませんのでご安心ください。

ちなみに、主食として食べた皇壇子をネットであれこれ調べてみましあら、これ単体だと100元強はするようです。
ご検討下さい。
[ 2009/10/10 00:49 ] [ 編集 ]
 那家小館。行ってきました。
ダーシーさんご親切にアドバイス有難うございます。
おかげで同行したメンバー達も大変喜んでくれました。
 以下ご報告します。
事前に日本から予約しました。7時半に予約を取りたかったのですが、6時半からだというのです。
もし全員来られなくても誰か先に来てほしいとのこと。
現地旅行社を通じ再交渉してもやはり埒があきません。
仕方なく1人6時半に待機してもらうことにしました。
個室なのになぜそんなこというのかと不思議に思っておりましたが現地に行って初めてその理由に納得。
とにかくすごい行列。よほど人気の店のようです。
 ダーシーさんが書かれているように、宮廷料理の店というといささかイメージと異なりますが、出てくる料理はどれも珍しくて美味しかったです。
しかもくせがなく日本人の口にも合いますね。
名物皇壇子は大好評でした。
写真付メニューだったので注文もしやすかったです。
店の小姐もてきぱき気が利いて有り難い。
 値段はダーシーさんの仰る通り実にリーズナブルで拍子抜けしました。案外庶民的な店のようですね。
 唯一の残念は手狭な個室に押し込まれたことでした。
ダーシーさんの写真のような金魚鉢のある個室を期待していたのでちょっぴりがっかりしました。
 この店は旅行のガイドブックなどで紹介されていませんが、北京らしいとても面白い店だと思いました。
ぜひまた誰かを連れて行きたいです。
非常感謝。

 

[ 2009/11/08 06:42 ] [ 編集 ]
報告有難う御座いました。
ご満足いただけようで安心しました。
部屋の狭さは考えものですね。椅子をギチギチに並んでる様子が見えると思いますが、我々の時も、ギューギュー詰めでえらい狭かったです。
また美味しいお店探しておきますね。
[ 2009/11/08 23:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング