FC2ブログ
ホーム > 北京 2008北京オリンピック > 中国人の応援・観戦マナーは最低だった ブーイング・野次・バッシングなんでもあり どこでも『中国 加油!』 in 中国北京オリンピック

中国人の応援・観戦マナーは最低だった ブーイング・野次・バッシングなんでもあり どこでも『中国 加油!』 in 中国北京オリンピック

北京オリンピック(北京五輪)では、数々の種目を観戦しましたが、総じて、中国人のスポーツ観戦マナー・レベルは最低でした。

柔道やレスリング、バレーボールなどの屋内競技はさほどでもありませんでしたが、こと、何千人・何万人で観戦できるサッカーや野球などの大きな競技場での中国人は、オリンピックの精神に反した、信じがたい光景でした。

総合評価順位(ランキング)はこちら

既に、各競技にサクラの応援団が居たことは周知のことで、一般には、真剣勝負をしている両国双方を称えて盛り上げることを使命として送り込まれていたようですが、時間が経つにつれ、競技場内の大多数の中国人に同調するように、あからさまな日本の相手国を応援していました。
中国人の観戦マナーは最低 ブーイング・バッシングなんでもあり3

写真は、8月18日に北京工人体育場で行われた、サッカー女子の日本(なでしこジャパン)対アメリカの準決勝

他の競技に比べても、圧倒的に中国人が多かった中、日本人・アメリカ人はパッと見、同数程度でしたが、試合が始まるなり、日本の攻撃になるとブーイングが始まり、アメリカの攻撃に移ると異様な盛り上がりをみせる。
中国人の観戦マナーは最低 ブーイング・バッシングなんでもあり1

ビックリしたのは、ボランティアの中国人までもが、アメリカの応援を盛り上げはじめるから、手のつけようがありません。

いつしか、「USA 加油!(アメリカ頑張れ!)」が場内に広がり、ボランティアも調子に乗って、あからさまなアメリカの応援をし出すではありませんか。
中国人の観戦マナーは最低 ブーイング・バッシングなんでもあり5

それも、一箇所ではなく、そこら中で中国人学生ボランティアが相手国アメリカ側に周り、後半以降は、完全にアメリカ応援ボランティアと化していました。

これに同調して、最上部写真の黄色いサクラ軍団が一斉にアメリカを応援しだしたので、なでしこジャパンは、それはそれはやり難かったことでしょう。
中国人の観戦マナーは最低 ブーイング・バッシングなんでもあり4

こんな状況ですので、日本の応援団長ことオリンピックおじさんの山田直稔さんが、
「中国の応援マナー・レベルは最低だった!」と、
閉会式を待たずに帰ってしまったのも、十分にうなずけます。
中国人の観戦マナーは最低 ブーイング・バッシングなんでもあり2

総合評価順位(ランキング)はこちら

また、以下の写真はバレーボール女子のロシア対中国戦の様子ですが、場内が真っ赤に染まるほどに中国人が席巻し、終始「中国 加油!(頑張れ中国!)」を叫び続けるから、ロシアは完全に雰囲気に飲み込まれて負けたといっても過言ではないでしょう。
中国人の観戦マナーは最低 ブーイング・バッシングなんでもあり6

自国を応援するのは当然のことですが、オリンピックの意義を考えると、全くといっていいほど、オリンピックの精神は尊重されていませんでした。

それなのに、閉会式ではIOCの会長も、
「北京オリンピックは成功裏に終わりまして・・・」
みたいなことを言っていたから呆れてしまいます。

総合評価順位(ランキング)はこちら

確か開会式では、人文字でいろいろな漢字が形作られていましたが、その中に『和』の文字があったことは、記憶に新しいかと思います。

辞書を引きますと『和やかで調和がとれている』とあります。

また、中国の諺に『以和為貴』(和を以て貴と為す)なるものがありますが、そんな意味合いは、微塵も感じることが出来ませんでした。

各競技ではルールも分からないのに意味も無く騒ぎ立て、真剣勝負をしている選手を罵倒し、どこかしこでも「中国 加油!(頑張れ中国!)」と叫び続ける。

この行動のどこにスポーツマンシップがあるのでしょうか?
どこが『和』なのでしょうか?

メダルの数では世界一でも、その本質を見ると、とても評価できるものではありません。

確かに紳士的な中国人もいました。
他国を応援する大勢の中国人の中、小声ではあったものの「日本隊 加油!」と、両国を訳隔てなく応援してくれる人もいましたし、負けている日本に対しても盛大な拍手をしてくれる中国人も数多く見ました。

なので、中国人を一まとめに否定することはしませんが、そんなオリンピック(スポーツ)の精神を尊重している中国人は極僅かであり、大多数は、最低の応援・観戦マナー・レベルでした。

残念ながら、中国選手の活躍する種目はほどんと見ることがありませんでしたが、浜口京子が3位銅メダルになったレスリング女子 72kg級で、一回戦で浜口を倒し優勝した中国の王嬌選手には、非常に良い共感を持つことが出来ました
         レスリング女子 72kg級 中国王嬌選手

常に他の選手を気遣うその様は、見ていて非常に良い共感が持て、さすがに王者といった感じでした。

総合評価順位(ランキング)はこちら

中国選手のレベル同様、応援する側の中国人は根本を見直し『和』の精神を持って欲しいと願います。
2012年のロンドン五輪では、五輪の輪を『和』で繋いだ中国人を見たいものです。

北京オリンピック全記録 2008年 9/13号 [雑誌] 
北京オリンピック全記録 2008年 9/13号
Sports Graphic Number北京五輪速報特集 2008年 09月号


北京オリンピック(北京五輪)関連過去記事はこちら
北京オリンピック公式アイテムはこちら
北京オリンピック関連書籍はこちら
人気ランキングはこちら


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング   



[中国] ブログ村キーワード
[北京オリンピック] ブログ村キーワード
[北京五輪] ブログ村キーワード
[北京] ブログ村キーワード


まぁ、日本でもそこら辺の話は漏れ伝わっていたけど、とにかく非道いよな。欧米人も目の当たりにして、呆れてたらしいよ。
[ 2008/08/28 19:23 ] [ 編集 ]
中国のじったいなんてものは、こんなものでしょう。
開催前にいくら頑張っても根本がズレちゃってますから。。。
[ 2008/08/29 01:15 ] [ 編集 ]
ご無沙汰してますがーーーー、オリンピック楽しみすぎ!!!
うらやましいかぎりです……

ダーシーさんのブログのおかげでなんだかまるで自分も
行った気になってしまいましたよ(笑) 

しかし、いや、やはり、中国はそんなに簡単に変わってないようですね。
ある意味、安心しました。

これからもFreshな情報楽しみにしまーす!
[ 2008/08/29 13:16 ] [ 編集 ]
お久しぶりでーす!!
オリンピック満喫しました。それも二週間たっぷりと。。。w
そして、疲れ果てました。www
[ 2008/08/30 11:27 ] [ 編集 ]
記事内で紹介&トラックバックさせていただきました。

女子サッカー米日戦におけるアメリカへの肩入れには裏があったようなレポートもあります。私の記事で取り上げてますので、よろしければご一読ください。
[ 2008/09/02 12:21 ] [ 編集 ]
記事紹介&TB有難う御座いました。
この国は、ほんといろいろと難しいですよね。
平気で、右手で握手しながら左手でドツき合う国民性には、常々疲れます。。。
[ 2008/09/03 23:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://daxi.blog55.fc2.com/tb.php/610-b6103006

北京市内に設置された「ジャパンハウス」では、来場者が選手達へ送るメッセージを書くボードが設置されているのですが、 五輪最終日の24日朝に行ってみると・・・ 誰かが誠意を込め書いた「星野JAPANお疲れ
同じく心配されていた観客マナーですが、まぁこんなものではないのでしょうか。想定範囲内、ですね。各個人の「想定」には結構格差があったとは思いますが(笑)。 「北京五輪プチ総括(1)金メダルの山とカンフーサッカー」より続く。...
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング