◆夜中に天津甘栗 in 天津◆ 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > スポンサー広告 > ◆夜中に天津甘栗 in 天津◆ホーム > 北京以外 食べる飲む > ◆夜中に天津甘栗 in 天津◆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


◆夜中に天津甘栗 in 天津◆

◆◆北京のダーシーって誰よ!◆◆
http://daxi.blog55.fc2.com/


昨日より天津に来ております。

天津と言うと、天津甘栗天津飯を想像される方も多いと思いますが、結論から言うと、『天津飯』は日本固有の食べ物(一部、逆輸入の中華としては有るようですが・・・)であり、一方、『天津甘栗』は、ちゃんと中国に根付いた食べ物のようです。

この『天津甘栗』、会社の近くに有名な『天津小宝栗子』というお店があり、時間ある時はちょくちょく買って帰ります。

で、久しぶりに買ってみました。

そして、こんな夜中に仕事しながらパクパク食べています。
天津甘栗1 天津甘栗2

個人的には、「極めて美味しい」と言うのが、ワタクシの感想です。

しょせん『天津甘栗』ですので、美味しいと言っても限度はありますが、日本人にとっては親しみやすいお味で、粒ぞろいで、且つ、品質もなかなか。

お店の売り文句も、

・光沢があり、実が詰まっていて
・皮が剥き易く、ねちゃねちゃしない
・自然な甘味で、口当たり良く、食後も爽やかな感じ


だそうです。

なかなか辛口なワタクシですが、このお店の触れ込みは、誇張なく納得できるものです。
(甘栗ですので、多少はベタベタするのはご了承下さい)

更に気が利いていると思うのが、皮剥きツールが同封されていること。

このツールを使わなくても、簡単に皮が剥けてしまうため、必要か否か、剥き易いか否かは賛否両論あるところでしょうが、この気配りはなかなかだと感じます。
天津甘栗3

よく見ていただきたいのが、このツールのパッケージ。

なんと、日本語で『栗のつめ』と書かれています。

この『栗のつめ』、日本では一般的な名称のようです。
(下記サイトに、日本の『栗のつめ』載っています)

栗のつめ&栗のむき方サイト→『栗のむき方』

日本人の天津という単語から連想するモノが、天津甘栗であることを知った上で、且つ、日本人需要を考えた上で、このような日本語記載をしているのであれば、このツールの同封の気配りに加え、なかなか評価できるポイントではないでしょうか。

意外と気が利く中国企業に、少々ビックリです!
この気配りが一般的になれば、日本の強みに赤信号が灯るかもしれません。


→人気Blogランキングへ!



読んだら久しぶりに天津甘栗が食べたくなって来ました。
実家では少しですが栗が収穫出来るのです~。
岐阜県中津川の『栗きんとん』買いに行かねばああ~。
[ 2006/09/22 11:39 ] [ 編集 ]
もしかして、日系企業がやっていたり・・(笑)
[ 2006/09/22 12:48 ] [ 編集 ]
ほな、栗きんとんと交換でいかがでしょうか?

今日、更に3つ買ってきましたので、交換希望ですw
[ 2006/09/23 01:41 ] [ 編集 ]
今日再度行って確認したけど、違ったわ!
[ 2006/09/23 01:44 ] [ 編集 ]
紛れもなく『天津甘栗』ですね。皮むくための小道具って使い捨てですか??
[ 2006/09/23 02:15 ] [ 編集 ]
コメント有難う御座います。

この『栗のつめ』ですが、紛れも無く使い捨てです。
本体が白ですので、剥いてて汚れた手で使うと、あっという間に茶色くなってしまうため、ワタクシは、毎回2,3個予備で入れてもらっています。

が、全く使わないので、溜まる一方です。
差し上げましょうか??w
[ 2006/09/24 02:22 ] [ 編集 ]
『天津飯』が「日本固有のもの」だなんて!!!
   75へぇ。
『天津甘栗』はこっちにもあるだなんて!!!!
   60へぇ。

知りませんでした。
天津甘栗も日本が作ったみたいでこっちでは見かけないと
聞いていたものですから。しかも「剥き爪」付!

早速買いに行かなければ!
[ 2006/10/08 02:15 ] [ 編集 ]
日本より美味しいですよ!

是非、お試しくださいませ!!
[ 2006/10/08 02:23 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/09/09 21:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。