北京の異空間『1949 THE HIDDEN CITY』 in 中国北京 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > スポンサー広告 > 北京の異空間『1949 THE HIDDEN CITY』 in 中国北京ホーム > 北京 スポット > 北京の異空間『1949 THE HIDDEN CITY』 in 中国北京

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


北京の異空間『1949 THE HIDDEN CITY』 in 中国北京

前々から行ってみたいなと思っていた北京の新しいスポット1949 THE HIDDEN CITY

工場跡地をヨーロッパ風にアレンジして作られた複合施設です。
北京市の街中にポツンとある1949 THE HIDDEN CITYは、ある種、都会の中の異空間との異名をとっているようです。
1949 THE HIDDEN CITY1

建物は全てレンガ造りで、時代を感じさせる趣があります。
概観だけを見ていたら、中にお洒落なレストランがあるなど想像できません。
1949 THE HIDDEN CITY4

バーやレストランに繋がる入り口はこちら。
1949 THE HIDDEN CITYの西側に位置します。
(写真一枚目は北門になりますが、ギャラリーにしか行けません)
1949 THE HIDDEN CITY5

中に入ると、四合院に模した建物の立地になっています。
入ってすぐ左側に、1949 sugar barがあり、欧米人や芸術肌っぽい中国人がいっぱいたむろしていました。
1949 THE HIDDEN CITY6

入り口を入ると、1949 THE HIDDEN CITYのコンシェルジュなのか、案内人みたいな人が内部を案内してくれます。

中に広がる建物には、4つのレストランとバーがあり、行き先を告げると連れて行ってくれるのですが、行ってみて納得。1949 sugar bar以外は、入り口がどこにあるかも判らない作りになっていて、特にnoodle Barにいたっては、お店の名前すら掲げられておらず、探すことも不可能な状況でした。

ちなみに、そのコンシェルジュ(と言っても、案内してくれるだけと思われますが・・・)らしき人は、英語も話せて、さすがは欧米人がプロデュースしただけのことはあります。
1949 THE HIDDEN CITY7

レストランとバー以外にはギャラリーもあり、食事してアートに触れて、お茶してゆっくり出来そうな癒しの空間になっていますが、足しげく通うほどのところではありません。
(複合施設と言っても、食べ飲み処とギャラリーのみです)

でも、異空間との異名をとるだけあって、今までの北京にはなかったコンセプトの1949 THE HIDDEN CITYは、なかなかお洒落で心地良い場所でした。
1949 THE HIDDEN CITY2 1949 THE HIDDEN CITY3

内部のお店はnoodle Bar1949 sugar barに行ったのみで、お食事どころのメインとなりそうな、次回は、中華料理のDUCK DE CHINEと地中海料理の1/5 taverrnaに行ってみようと思います。

これからは北京でも、この手のちょっとしたお洒落スポットが増えていくんでしょうね。
非常に楽しみです。

-1949 THE HIDDEN CITY内のお店は以下の4店-
・1/5 taverrna(地中海料理)
・DUCK DE CHINE(中華料理)
・1949 sugar bar(バー)
・noodle Bar(麺)


≪1949 THE HIDDEN CITY関連記事≫
noodle Bar(1949 THE HIDDEN CITY) in 中国北京

≪場所情報≫
1949 THE HIDDEN CITY
住所:北京市朝陽区工体北路4号院
電話:010-6501-1949


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 
--------------------------------------------------------------
■□旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】□■
■□JTBの新着旅行はこちら!□■
■□STYLE□■
■□信頼度抜群!リピーター急増の出会い□■

--------------------------------------------------------------
SELECTED GALLERY GUIDE 暮らしまわりを豊かに楽しむとっておきのギャラリー案内 TATTOO GALLERY (富士美ムック) キャンドル・メイキングの技法事典
SELECTED GALLERY GUIDE 暮らしまわりを豊かに楽しむギャラリー案内
TATTOO GALLERY (富士美ムック)
キャンドル・メイキングの技法事典

[ 2008/06/02 23:23 ] 北京 スポット | TB(1) | CM(8)


わーおもしろそうなところですね!テストが終わったら行こうかな(´ω`)
1949(中華人民共和国成立年)ってネーミングが中国らしいやー
[ 2008/06/02 23:08 ] [ 編集 ]
コメント有難う御座いました。
文面にも書いた通り、レストランとギャラリーがあるだけなので、面白いイメージで行かれてしまうとちょっとイメージが違うかもしれませんが、なかなか素敵なところでした。
是非、お試し下さい!!
[ 2008/06/03 01:19 ] [ 編集 ]
全く知りませんでした~
ちょっと行ってみたいですね、たまにはオシャレなところに。
でもレンガ倉庫というと勝手に海や運河沿いをイメージしてしまうのですが・・・
[ 2008/06/03 05:42 ] [ 編集 ]
beijingmanさんともあろうお方が珍しいこともあるもんですね。w
最近のフリーペーパーにいろいろと載ってますよ。
外見からは想像できない落ち着いた雰囲気の内部があります。およそ太平洋百貨の裏とは思えないいい感じです。
是非是非、お試し下さい!
[ 2008/06/04 01:14 ] [ 編集 ]
会社のすぐそばなので、前々から気になっていたのですが
情報ありがとうございます。
仕事帰りなどにちょこっとよってみようかと思います。
[ 2008/06/04 01:38 ] [ 編集 ]
おっと!さすがダーシーさん!すでにチェック済みでしたね!私も気になって行ってみました♪ ダッグのお店は全聚徳の経営とか?ありそうでないこんな場所、もっと増えると良いですね。
[ 2008/06/04 11:22 ] [ 編集 ]
会社が近くとは、、、羨ましいです。
昼時にちょっとお茶するにも良さそうですよ。
是非、お試し下さい!!
[ 2008/06/05 01:44 ] [ 編集 ]
DUCK DE CHINEは全聚徳の系列なんですかぁ。
来週送別会で使おうかなと、企画してもらってます。
行ったらまた報告しますねぇ~!!
[ 2008/06/05 01:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://daxi.blog55.fc2.com/tb.php/543-942beb02

アヒルの置物がユーモラスなこのレストランでは、ダック点心&ティーコンソメ(68元/2個・写真)など、中国とフランスのダック料理がどちらも堪能できる。おなじみの北京ダックは、生後38日のダックをりんごの木を使って焼き、果物たっぷりのタレにゴマとピーナツのペー...
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。