FC2ブログ

なぜ中国人は日本人にケンカを売るのか(著者 孔健) in 中国北京 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > レビュー 本 > なぜ中国人は日本人にケンカを売るのか(著者 孔健) in 中国北京

なぜ中国人は日本人にケンカを売るのか(著者 孔健) in 中国北京

出張者からもらったなぜ中国人は日本人にケンカを売るのかを読んでみました。
なぜ中国人は日本人にケンカを売るのか (講談社+アルファ文庫 G 39-3) なぜ中国人は日本人にケンカを売るのか
(講談社+アルファ文庫)


第一章 : セックスからはじまる非難合戦
       - 中国人「鬼嫁」VS.日本人「色狼(シエンラン)」
第二章 : 靖国論争の根底にある死生観の違い
       - 墓を暴いてでも報復VS.死んだらみな善人
第三章 : 若者たちの過激な“愛国論議”
       - 強気の中国人VS.弱気の日本人
第四章 : オリンピックに命をかける中国人
       - メダル大国中国VS.スポーツ施設大国日本
第五章 : 中国軍の本当の実力
       - 偽掛け軍事力VS.先端兵器大国
第六章 : 追いつき追い越すためにはなんでもする
       - 公害・偽物大国VS.環境・経済大国
第七章 : 中国の一党独裁は遠からず崩壊する
       - 独裁大国VS.自由小国
第八章 : ケンカするほど相手が見えてくる
       - 二000年の交流史から何を学ぶか



著者の孔健氏と言えば、孔子の第七十五代直系子孫として有名なようですが、全く知りませんでした。
が、ビートたけしのTVタックルや、報道2001などに出演していたと言われて、確かに見覚えのある日中関係評論家です。

結論としては、「日中双方、時には喧嘩しながらでも仲良くしましょうよ!」
って話なのですが、中国人の視点で日本人・中国人が分析されているところが、なかなか面白かったです。

文面では、一見、日本人・中国人どちらを擁護することなく、双方の良い点・悪い点を列挙し、相互理解のための方法が書かれているようにも見受けられますが、文面からひしひしと伝わってくる、中国人ならではの視点・論じ方・結びを読み、日本に二十数年住み日本文化に触れようとも、やはり、根底にある中国人の中華思想の根深さを感じました。

そんな中国人の思想を学ぶには良い内容となっています。
中国に留学・赴任その他、住む予定の方は、一読されると参考になるでしょう。

一方、既に中国に住まれていて、少なからず仕事している方は、読んでも得るものは少ないでしょう。
(ビジネス上でいつも出くわす・話に聞くないようばかりです。って言っても、ビジネス本ではありませんが。。。)

まぁ、文化も思想も違うもの同士が心底理解しあいましょう!みたいな考え方自体が誤っているのかもしれませんね。(とは言え、相互理解を深めたいとは思いますが・・・)

孔健氏も著書『日本人は永遠に中国人を理解できない』にて言っておられますし・・・。
日本人は永遠に中国人を理解できない 日本人は永遠に中国人を理解できない


理解できないことを前提にした歩み寄りが必要なのでしょう。

北京の住まいの方、なぜ中国人は日本人にケンカを売るのかお貸ししますよ。

ランキングはこちら


その他、中国関連著書です。(参考まで)
なぜ中国は平気で嘘をつくのか 日本人と中国人―なぜ、あの国とまともに付き合えないのか (Non select) 騙してもまだまだ騙せる日本人―君は中国人を知らなさすぎる
日本人と中国人―なぜ、あの国とまともに付き合えないのか
なぜ中国は平気で嘘をつくのか
騙してもまだまだ騙せる日本人―君は中国人を知らなさすぎる


≪中国関連書籍過去レビュー≫
『北京炎上』
『大地の慟哭』 と 『わが祖国、中国の悲惨な真実』
「新しい中国」で成功する! &中国ビジネス虎の巻―チャイナビジネス実践術
中国人に絶対負けない交渉術
『日本語でどづぞ』―世界で見つけた爆笑「ニホン」誤集
『そうだったのか!中国』
『日本人と中国人―なぜ、あの国とまともに付き合えないのか』
『日本人としてこれだけは知っておきたいこと』  


ランキングはこちら

中国関連の書籍は、どれ読んでも、ほとんどが同じ内容だと分かっていながら、未だに読んでしまいます。目新しいネタ、なにもないのに・・・。



いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 



[ 2008/03/31 23:23 ] レビュー 本 | TB(1) | CM(2)


これはいいね。面白そう。是非読んでみます。
[ 2008/03/31 12:20 ] [ 編集 ]
立ち読みしちゃってもいいかもレベルです!w
[ 2008/04/01 03:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://daxi.blog55.fc2.com/tb.php/496-d08e20c9

孔子の子孫を名乗る孔健という反日中国人がTVタックルとか朝生に出ていたことがある。実に不快な男だった。彼は75代の子孫だそうだ。しかしこれはやはり嘘だろう。 孔子が亡くなったのは紀元前479年である。ということは479年プラス2007年で孔子没後2486年経ったことにな
[2008/03/31 22:19] すがすが日記
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 ≪│2021/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング