fc2ブログ

北京原人遺跡博物館(周口店遺跡)① in 中国北京 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > 北京 街・スポット(フォトメイン) > 北京原人遺跡博物館(周口店遺跡)① in 中国北京

北京原人遺跡博物館(周口店遺跡)① in 中国北京

北京原人が発掘された中国北京の北東、房山県周口店竜骨山にある北京原人遺跡博物館(周口店遺址)に行って来ました。
メンバーはじゃんす氏T氏。男3人、北京プチ旅行です。

なぜ北京原人遺跡博物館なのか?

至って思い付きです。
が、思いつきの行動としては、ちょっと遠かったです。
(バスとタクシーを乗り継いで、北京市から遠路はるばる50㎞、2時間弱の旅でした)

北京原人といえば、小学校(中学校?)で習ったあれですが、有名スポットなのに、場所が場所だけに、観光コースでは回らないマイナーな名所となっています。

まずは北京市内の天橋バス・ターミナルから917番に乗ります。
天橋→周口店 バス停

天橋バス停は二箇所あるようですが、北京原人遺跡のある周口店行きは、天橋南大街を西に200M進んだところになります。

But,917に乗ればOK!と思ったら大間違い。
このバス・ターミナルから出発するバスはすべて917番で、行き先が微妙に違います。
(詳細はじゃんす氏のブログにて)

いやぁ、仕事では電車に乗れずに長距離バスに乗ることは稀にありますが、今回利用したような路線バスに乗るのは、4年ぶりです。

今では交通カードなる、パスモのような公共交通機関共通のカードがありますが、4年前と変わらず、車内でのバス券販売も健在でした。

バス内にてガムの包み紙のような券を購入。1.5時間@50kmの距離なのに、わずか9元(≒15円)と格安料金に驚きまいした。。
       天橋→周口店 バスの中1

バス停も無いような辺鄙な場所で下ろされ、現地までは白タクで移動。
タクシーもまばらな場所で、中国語が全く話せず行ってしまうと、間違いなくボラれるか帰ってこれなくなりそうな感じです。

が、周りに無いも無い辺鄙なところになのに、北京原人遺跡博物館は立派な門構えです。
門のところには、巨大な北京原人像が置かれていました。
北京周口店 北京原人遺跡博物館1

いたるところに説明書きがあり、中国語・英語に続いて日本語もあります。
少なくとも、デカデカと置かれている説明プレートの日本語は、どこかの日本人留学生が翻訳したのか、まとで理解に苦しむことの無い、日本人の日本語で説明されており、分かり易かったです。
北京周口店 北京原人遺跡博物館2

北京原人遺跡博物館の全景。
博物館の中には数え切れないほどの出土品が置かれていますが、笑ってしまうのが、その大半が
『○○年に発掘された○○の遺骨の模型』と説明されていました。
北京周口店 北京原人遺跡博物館3

ご存知の方も多いと思いますが、北京原人の頭部その他重要部分の骨は、戦時中に紛失(盗まれた?)してしまった、ほとんどが模型です。

博物館内には、盗まれた当時、頭蓋骨を収納していた箱が展示されていましたが、これまた模型です。箱まで模型かい・・・。

模型だらけな博物館でした。
周口店 北京原人遺跡博物館の箱_s

分かって上で行きましたが、ちょっとトーンダウンでした。

遺跡は小さな山の外周の至るところにあり、大きな発掘跡には入っていくことが出来ます。
   北京周口店 北京原人遺跡博物館5 北京周口店 北京原人遺跡博物館6

見学可能な遺跡(洞窟)内は、ほとんどが舗装されていて、急な斜面には階段も付いているので、お子様連れでも問題なく見学できます。
(ベビーカー押しての見学は辛いものがありそうですが。。。)
     北京周口店 北京原人遺跡博物館7

どんなところかとワクワクしていくと、発掘品の模型と発掘跡(ただの穴)があるだけなのでガックリしてしまうでしょうが、好きな方にとってはたまらない場所なはずです。

とは言え、天気の良い日には、何も無いけど自然豊かで田舎の街並みも垣間見ることが出来るので、マッタリとした観光を望まれる方にはオススメなスポットです。


  
シーマン2 ~北京原人育成キット~ シーマイク・コントローラ同梱 日本版
★DVD★ 中国世界遺産1~8 8巻
北京原人の日


マッタリとした北京プチ旅行も乙なものです。

周口店遺址(北京原人遺跡博物館)の周りの風景は次回!!
ブログランキングへ!




いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 

 



このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/06/24 13:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://daxi.blog55.fc2.com/tb.php/491-72862dc2

昨日リポートの房山県周口店竜骨山にある北京原人遺跡博物館(周口店遺址)の前には、北京からわずか50?しか離れていない場所とは思えないほ...
北京原人遺跡博物館(周口店遺跡)に行ってました天橋(北緯路)から917路バスにて周口店路口で下車その後、3輪オートバイ(5元)にて、北京原人遺跡博物館前の踏切のところまで送ってもらいました北京原人遺跡博物館(周口店遺跡)園内には地震科普館というのもあり...
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
カレンダー
03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
人気記事ランキング