中国の辞職・転職 in 中国北京 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > スポンサー広告 > 中国の辞職・転職 in 中国北京ホーム > 中国 中国人の感覚 > 中国の辞職・転職 in 中国北京

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


中国の辞職・転職 in 中国北京

中国で辞職・転職と言っても、ワタクシゴトでは御座ません。

えー、この度、初めて部下に辞められちゃいました。
で、そのときの辞職申請書。
辞職届

部下を持つのも初めてならば、辞められちゃったのも初めての経験で、少々困惑しました。

日本だとこの歳で部下を持つなど、我が社では考えられないことで、日本では経験することの出来ない良いキャリアを積ませて貰ってます。
と悠長なことを言ってる場合ではなく、今回のL氏の辞職には、ホトホトやられちゃっいましたって感じです。

どこの国でも同じなのでしょうが、身の丈以上の責任権限を委譲することによって、その人のモチベーションやキャリアアップに繋がるわけですが、ことL氏に関しては、もうちょっと任せられている職務に対して責任を全うして持って欲しかったってのが正直な気持ちです。

ってのも、「転職しまーす!」って衝撃の発言があってから、一ヶ月で辞められちゃった日には、引継ぎもヘッタクレもあったものではありません。
(衝撃発言の前には、お決まりの給料値上げ交渉があったわけですが・・・)

辞めるまでに一ヶ月あると言っても、この一ヶ月で残りの有給休暇を消化したりされちゃうので、実質、辞める発言後は引継ぎできる日数は皆無に等しいのです。
(って、我が社ではよく見られる光景なのですが、他社はどうなのでしょう)

そりゃあんた、権利はどんどん行使してもらって構いませんけど、相当の義務も全うすることで成り立つものであって、権利ばかりを主張してくるL氏には参りました。

こんな部下を持ってしまったワタクシは、中国人に対する悪いイメージが増幅してしまい、双方、悪循環に陥ります。

すぐに辞められちゃう可能性がある 
  ↓
大きな仕事を任せられない 
  ↓
(本人は)仕事任せてもらえないのでモチベーションが上がらない
  ↓
辞めちゃう


では、初めからある程度の責任委譲をすれば頑張ってくれるのか?
課せられている責任の割りに給料が少ないと言ってくる。

では、身の丈以上の対価(給料)を払って、先行投資すれば頑張ってくれるのか?
お金に対する欲望が更なる欲望を助長しキリがない。

そりゃ、日本人のように先に身を削って長期的にリターンを求める国民性とは180度逆な国民性であることは理解しているつもりですが、何もかも先に与えて、その分頑張って下さいみたいな話はないでしょう!
(先行投資するだけの価値を見出せなかったのが正直なところです)

ってことで、給料値上げのネゴシエーションには、一歩も譲りませんでした。
嫌なら辞めてもらって結構。
こういうと、「お前、分かってないねぇ。。。何年海外で仕事してんの?」と言われそうですが、ワタクシはここに拘ります

が、そんな強がり言ってしまったために、辞められた後は、当然、彼の仕事も全てカバーしなければならなず、毎日午前様の日々が続く末路に陥りました。

かなり苦しい日々を過ごしましたが、同じ苦労を味わうことになると分かっていても、今後、新しい部下から給料値上げ交渉があっても、絶対に応じないつもりです。
嫌なら結構、辞めてください。かわりに、頑張れってもらえれば、昇給させてあげられるよう、努力は惜しまないつもりです。

まぁ、仕事を完全分業し、任せすぎてしまったことが、後に自分の首を絞める結果になってしまった訳ですが、かと言って、中途半端に任せていては、本人からすれば、仕事を任せてもらえないと不満が出る。。。

う~ん、なんとも絶妙なバランス感覚を要することを、大きな代償を払って学ぶことが出来ました。

もうひとつ学んだこと。
それは、本人の頑張っているポイントと、上司の見ているポイントが大きくズレていることがあるのだということ。

確かにL氏はある面では頑張り務めてくれてたと思います。
が、悲しいかな、ワタクシの求めているところは、そこじゃなかったんだな。
それが理由で、L氏の昇給には消極的な面がありました。

同じくワタクシも、大して期待されていない分野に特化しすぎて、上司から評価されていない面があるのではと、数ある仕事の中でのプライオリティ付けを気をつけねばと、振り返る良い機会になりました。

辞めて行ったそんな彼は、次の会社で給料が倍になったようです。
いろいろ理由は並べられましたが、結局は金の問題だったのかと。。。

石の上にも三年といいますが、L氏もあと少し頑張れば、もう一皮剥けたであろうだけに、もう少し頑張って欲しかったです。

二年半ワタクシの下で学んだことを、倍になった給料に見合うだけの結果に繋げてもらえれば、それはそれでありなのかなと、今では、ちょっと寛大になれた自分がいたりもします。

日々勉強ですな。。。


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 

-------------------------------------------------------------------

はじめての課長の教科書 働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。 やる気!攻略本
はじめての課長の教科書
働く理由 99の名言に学ぶシゴト論。
やる気!攻略本

[ 2008/04/17 23:23 ] 中国 中国人の感覚 | TB(0) | CM(11)


私の会社は米系ですけど、給与値上げ交渉は基本的にありません。というか、そういう余地はありません。なので、ダーシーさんと同じスタンスと言えます。
「お前、分かってないねぇ。。。何年海外で仕事してんの?」なんて言われることはないと思いますよ。まぁ、会社によっては違うかもしれませんが。

私が給与面で困るのは採用するときです。「前職でこれだけもらってたからプラスこれだけ欲しい」とか言われますよね。気持ちはわかるのですが、面接などである程度技量を見定めた上でこちらは提示しているので、大抵希望額が法外と感じます。給与水準の高騰ペースが速くなれば外資は手を引くことになるのは自明。その前に中国市場が熟して来れば良いのですがまだまだ・・・。


ちなみにダーシーさんがどのように管理されていたのかはわかりませんが、部下との考えの間にずれがあるのは基本的にはコミュニケーション不足ですよね。年間の目標を立てて、その後はフォローアップの面談を頻繁に行なって軌道修正をしないと・・・。


まぁ、でもなんだかんだ言って今の中国で給料以外にモチベーションを見つけさせるのは難しいと思います。
[ 2008/04/17 12:21 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/04/17 14:06 ] [ 編集 ]
何はともあれオツカレサマ。
ウチでも最近とんでもないやめ方していったヤツがいます。
3日前に言って、最後まで文句タレて、任せたことを言い分けつけて中途半端な仕上がりで残していきました。
そんな彼は中国の会社に転職したと捨て台詞。
むーーー
終身雇用も色々問題をはらんでいますが
簡単に転職できる時代というのも、なんだかぁちう感じです。
[ 2008/04/17 22:20 ] [ 編集 ]
アドバイス有難う御座いました。
コミュニケーション不足・・・。ご指摘の点は大いにあったと、その点反省しています。また、多方面での部下の行いを許容してやれなかったことも、問題点だったと考えています。

何よりも、大きなズレは文面にも書きましたとおり、こちらの期待に対する彼の頑張りが見られなかった点であったと認識しています。この点も、コミュニケーション不足による認識のズレが生じた根本的な背景があるとは思いますが、過剰な期待をしていた面もあり、ワタクシのL氏の力量を見極められなかった大いなる反省点です。

何を期待していたか。
ズバリ、自発的な効率化を見据えた業務改善です。<中国人は・・・>と、一括りにすることは出来ませんが、周りを見ていても、大半がそのような認識が欠落しているように見受けられ、故に、この点を積極的に頑張る中国人は、得てしてどんどん昇進して行っている様に思われます。

日本以上に縦社会の中国では、定められた決まりや、与えられた権限の中で、与えられた仕事だけをそつなく遂行していくことが、ある種真面目な仕事ぶりと評価されるのかもしれませんが、出る杭は引っ張ってもらえる傾向が強い我が社の社風では、そのような考え方や概念は、残念ながら評価されない状況でした。

まぁ、いろいろ書きましたが、社風なるものがある一方、個々人の性格や考え方もマチマチであることを考えると、各々無理に自分を押し殺さず、自分に合う道で頑張っていけばいいのかとも思います。

そういった意味で、少なくとも我が社の倍の価値を見出した、転職先で頑張ってもらえれば嬉しいですね。

いやぁ、難しい問題です。いろいろ勉強になります。w
[ 2008/04/18 00:01 ] [ 編集 ]
転職先は中国企業ですか。w
そのような輩は中国企業であれどこであれ、無理でしょう。
ってか、中国企業の方が結果を求められる厳しい現実が待ってるでしょうね。
[ 2008/04/18 00:32 ] [ 編集 ]
それは中国だからといえばしょうがないのですが、
切ないですよねえ、やっぱり辞められるのは。

確かにコミュニケーションは大切ですね。
まあ、それがいつでもできればこんな苦労はないんですけど。

ひとまず元気になってください。
[ 2008/04/18 14:57 ] [ 編集 ]
ちょくちょく拝見しています。
応援ポチッ!
[ 2008/04/18 17:57 ] [ 編集 ]
辞めるとなると、有給消化や権利主張だらけ・・・。
引継ぎどころではないし、辞められるだけでも切ないところにさらに
そんな追い討ちがかかったりなんかするとトホホ感いっぱいになっ
ちゃいますよね。

心中お察しします。
元気だして、頑張ってください!
[ 2008/04/18 19:23 ] [ 編集 ]
新人も入り、なんとか乗り切れそうです。www
声援有難う御座いました。頑張りまーす!!
[ 2008/04/18 23:02 ] [ 編集 ]
ホント切ないです。
まぁ、お国柄というか、文化の違いというか。。。
皆さんに引き続き声援有難う御座いました。
日々勉強です。。。www
[ 2008/04/18 23:05 ] [ 編集 ]
謝謝です!!
[ 2008/04/18 23:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。