夜の王府井小吃街 in 中国北京 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > スポンサー広告 > 夜の王府井小吃街 in 中国北京ホーム > 北京 街・スポット(フォトメイン) > 夜の王府井小吃街 in 中国北京

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


夜の王府井小吃街 in 中国北京

先日アップした夜の天安門の後、王府井小吃街をフラフラしてきました。

          王府井小吃街1

時間は既に23時前、昼間の混雑した王府井小吃街からは想像できないほど空いていましたが、それでも、北京市民に混じって、観光客が結構いました。
王府井小吃街10

作られた気古い街並み。さすがは観光スポットだけあります。
王府井小吃街2

さすがは王府井小吃街、全てが観光スポット価格で、かなり美味しそうでしたが、食べる気になれませんでした。
王府井小吃街4

冷え切った甘栗ってのもどうかと・・・。
王府井小吃街6

寒くてさすがに外で食事している人は見受けられなかったです。
って、時間遅すぎなだけ??
王府井小吃街3

お店のオバちゃんに聞いたところ、お客さん少ないからと勝手にお店閉めたらだめだそうで、凍えながら商売している姿は、少々可哀想でした。
王府井小吃街5


昼間にはない雰囲気をかもし出している夜の王府井小吃街、やはりお腹空いた状態で行くもんではないですね。

いやぁ、それにしても寒かったです。

蛇足ですが、2004年4月に初めて北京に降り立った日、夕方から北京市内を案内してもらって、初めて訪れたのが、まさにこの場所でした。
初めて食べた羊肉串に、とても感激したことが、いまでは懐かしい思い出です。


≪関連記事≫
夜の天安門周辺 in 中国北京(2007.11.21)



いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 


実は行ったことなかったんですけど、結構楽しそうなんすね!
今度行ってみマース。
[ 2008/01/09 03:20 ] [ 編集 ]
昔の雰囲気と大分違いますね。でも、懐かしい!
行ってみたいけどしばらく行けないですね。
素晴らしい記事と写真、ありがとう!
[ 2008/01/09 11:25 ] [ 編集 ]
意外なところに行かれてないですね。
観光客向け価格でお楽しみいただけます!!www
[ 2008/01/09 23:14 ] [ 編集 ]
コメント有難う御座いました。
昔いらっしゃったことがあられるんですね。
昔を知らないワタクシは、この状態が普通なもので・・・。www
またコメント下さい。
[ 2008/01/09 23:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。