◆並べるのに待てない中国人◆ 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > スポンサー広告 > ◆並べるのに待てない中国人◆ホーム > 中国 中国人の感覚 > ◆並べるのに待てない中国人◆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


◆並べるのに待てない中国人◆

◆◆北京のダーシーって誰よ!◆◆
http://daxi.blog55.fc2.com/


本日、大連に来ております。

北京から大連に出張に行くには、やはり飛行機に乗ります。
時間にして一時間、約600㌔の飛行機の旅です。

ワタクシの担当するエリアは、俗に言う、中国の北方エリアで、北は黒龍江省のハルピンもその範囲で、飛行機は通常の足と化しています。
(遠すぎるので行ったことありませんが・・・)


さて、本題に!
飛行場でのことです。

日本人から見る中国人の印象としまして、

・一般常識が無い
・モラルが無い
・そこら中で、唾・痰を吐く
・列に並べない


等々、挙げだしたらキリがありませんが、今日は、「列に並べる中国人」のご紹介です。

多くの方が、中国人の゛われ先行け根性゛は、↓のような光景を想像されると思います。
並ぶ3

これは、北京駅での改札前の光景ですが、全く並ぶ気配もなければ、改札が空けば、この大人数が一斉に殺到します。

ワタクシも負けじと、ゴリゴリ割り込んで、我先にと頑張ります。
日本人としてのプライドは微塵もありません。

が、「列に並べる中国人」が居ました。

場所は飛行場。

飛行機の搭乗においては、基本的に「並んで搭乗」してくれます。
「並んで搭乗」と言いましても、割り込みは日常茶判事ですが、大多数が並ぶ傾向にあります。
並ぶ1

なぜ、「並べる中国人」が居て、「並べない中国人」が居るのかと考えましたところ、飛行機に乗れるようなお金のある中国人、つまり、それなりの収入を得ている人であったり、ビジネスの世界に身を置く知識人は有る程度モラルを持っており、また、グローバル・スタンダードを少しは理解し始めているのかと想像しています。

このように「順番を守る」「待つ」と言った感覚を持った人がもっと増えれば、悪しきイメージが少しでも改善するのでしょうが、このように「並べる中国人」は、14億人のほんの一部であり、大(多)は小(少)に倣いません。

が、ここは中国、やはり考えは甘かったです。
並ぶ2

飛行機が完全停止する前に、我先にと見る見る列は埋まります。
下手したら、荷物が上から落ちてくるのではないかと不安になります。

着陸後、飛行機が完全に停止してから荷物を取って、前の人から順番に降りるのが一般的ですが、そんなことをしていては、いつまで経っても降りれません。
通路がギュウギュウになって、気の弱い人だと、列に割り込めず、最後の最後まで待つ羽目になります。
ワタクシは列が進みだすまで待って、無理やり割り込みますが・・・。

やはり中国には、知識人であろうとモラルの微塵もありませんでした。
理由は、ただ単に、人より先に降りたい。
それだけです。

ここで注意点を一点!

飛行機なのに、中国人は、山盛りの手荷物を持って搭乗します。

さすがに飛行機なので、並ばなくても座席がなくなることはありませんが、座席上の収納場所がすぐに満杯になり、自分の荷物スペースがなくなります。
そして気の利かないスッチーは、はるか後方の空きスペースに持っては行っても、降りる時に持って来てくれません。
つまり、↑の混雑した列を、中国人の勢いに逆らって取りにいく羽目になります、至難の業を要します。

ですので、手荷物多い方は、早めに登場されることをオススメします。


人気ブログランキングへ!
[ 2006/09/05 00:05 ] 中国 中国人の感覚 | TB(0) | CM(13)


確かに何でこんなに持ち込むの?って位手荷物を持ってきますね~中国人。
棚のフタを開けるのが怖いです。
[ 2006/09/05 01:18 ] [ 編集 ]
なので、やはり早く乗り込んで、どっさり自分の荷物を詰め込む必要がありますね。ちゃんと収納して、自分の荷物だけで閉めちゃうのがよろしいかと。。。w
[ 2006/09/05 02:08 ] [ 編集 ]
はい。その通りでございます。
降りる時の勢いと言ったら、この世の終わりか、火事場の様な感じで御座います。
早く降りても、1分ほどの違い、タラップがsetされるまでに5分立ち続ける。
私はこの状況ではいつも最後まで座って、このアホな状況を涼しく見ておる次第でございます。

結局、人民は体力の消耗する事を考えていないので御座います。
[ 2006/09/05 07:39 ] [ 編集 ]
アメリカも手荷物の持ち込み多いですよ。マイレージのステータスが低い人は、機内に入れる順番も遅く、飛行機の入り口で荷物を預けさせられることが多々あります。
でも、飛行機が止まる前に動き出す人はいないですね。あと、列に割り込みする人もいないです。まぁ、モラルの差なのでしょうか・・・?
しかし、このモラルのない中国が今後数十年で世界の主導権をアメリカから奪おうとしているのは少し怖い。モラルのない国=世界の強者というのは嫌なもんだ。
[ 2006/09/05 13:09 ] [ 編集 ]
いや~北京駅もすごいですね。入り口がどこか分からないくらい人で団子状態になっています。構内に入ればいくらか払えば、横道からホームまで案内してくれるので人込みを通らずに済むことを知りました。飛行機も席が決まっているのに、なんで?でやねと感心します。08年のオリンピック開催、モラルの無い中国が全世界に披露されるわけです。
[ 2006/09/05 19:43 ] [ 編集 ]
日本に中国人観光客が多い。
大変申し訳ないが、不愉快この上ない。

まず、並ばない。(割り込む。しかも老若男女すべてが・・・)
集団で移動するから邪魔(ツアーでもなさそうなのに・・・)
必要以上にうるさい。

ダーシーの日記見てたら、やっぱり国民性なのね・・・
日本に来る中国人とか、韓国人って、靖国問題とか気にしない人たちなんだろうか。
ああいうのは、一部の人たちが騒いでいるだけなのかね?

素朴に疑問に思います。
[ 2006/09/05 20:32 ] [ 編集 ]
彼らは、体力が有り余ってるのでしょうか?w
[ 2006/09/06 00:45 ] [ 編集 ]
えぇー、アメーリカも手荷物多いんだ。なんか意外だ。
ってか、中国の世界征服は間もなくだね。世界中の至る所で、昼から餃子が食べられ、中華臭も漂うことでしょう!
[ 2006/09/06 00:49 ] [ 編集 ]
えっ、北京駅にそんなサービスあるんですか!
それ、詳しく教えて下さい。
安ければ、上司来た時に特別な取り計らいをしたかのように活用したいです。w
[ 2006/09/06 00:51 ] [ 編集 ]
言ってしまえば、あまりポリシーが無いね。
なので、右倣えで14憶人が動いてしまう。背景にある赤い国家は強大です。
[ 2006/09/06 00:53 ] [ 編集 ]
以前 行ったときは そんなに気になりませんでしたが 日本に居て現地情報を聞くと(見ると)絶対命令で無ければ 行きたくない~。(><)日本で十分じゃん!と心の中で叫ぶ~。
[ 2006/09/06 11:20 ] [ 編集 ]
ワタクシ、自分から希望して来てしまった、変な日本人ですw
[ 2006/09/07 00:32 ] [ 編集 ]
日本人の海外ツアー旅行も同じようなもんです、しかも皆ほとんど帽子を被ってるチビだから、面白い風景ですよ。
[ 2007/02/05 16:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。