◆昼食代の最低価格更新◆ 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > スポンサー広告 > ◆昼食代の最低価格更新◆ホーム > 北京 食べる・飲む > ◆昼食代の最低価格更新◆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


◆昼食代の最低価格更新◆

◆◆北京のダーシーって誰よ!◆◆
http://daxi.blog55.fc2.com/


ローカルスタッフと同行すると、大体は格安お昼ご飯になります。

我が社の社員と言うと、いわゆるホワイトカラーで、決してお昼代ケチらないと生活できないレベルではないのですが、「締めるところを締める」と言った意識が高いのか、営業周りでは格安お昼ご飯が常です。

で、食べたのが『炒餅』
(写真ボケまくってます。スイマセン。)
炒餅1

この料理、見かけ焼きそばみたいですが、全く別物です。

作り方は至って簡単なようです。

道端で売っている『烙餅』と言われる、いわゆる小麦粉を薄く延ばしたものを油引いて焼いたモノがあります。
(韓国料理のチヂミの具無しと言うか、ビザの生地と言うか、そんな感じのモノです)

『烙餅』作りはこちらから→『烙餅』作り方

その小麦粉延ばして焼いたモノを、細切りにして、牛肉や野菜と一緒に、醤油&ニンニク入れて炒めた、ただそれだけの食べ物です。

そして、これがなんとも美味しい。
普通の麺じゃないので、独特の触感があります。

ワタクシ北京に住んでおりますので、日本の友人には、すぐに

「お前、毎日北京ダック食べてるんか!」

と言われますが、そんなモノを毎日食べるはずも無く、日々、こんなもの食べて生きております。

この『炒餅』ですが、庶民の食べ物で、観光ツアーで連れて行かれるような、外面を気にしたような、少々お値段の張るお店では食べられません。
いわゆる、家庭料理屋の家常菜系のお店に行かなければ食べられません。

加えて、一般的には、食べられるのは東北地方のみで、北の方に来なければ食べられない料理なのです。

個人的には、中国来て一番衝撃的(安くて美味しい)な食べ物でした。
なので、よく食べます。

写真見てもらえれば分かるとおり、一皿がかなりの大きさですが、
お値段、3元(45円)でした。
外食でのお食事代の最低価格を更新できました。
(天津の小汚い、ごっつローカルのお店でしたので、特別安かったと思われます)

こんなモノばかり食べて生活してれば、それこそ、日本帰ったら家の一軒くらい建てられそうですが、侘しくなりそうなので、週末には日本料理屋言って、80元のお昼定食べに行くことにします。
(このギャップが、なんとも言えない楽しさです)


人気ブログランキングへ!
[ 2006/09/02 05:08 ] 北京 食べる・飲む | TB(0) | CM(8)


ダーシーさん!!すごい!!
3元とは!!
まだ私、その安さの弁当には有り付いていません。
ほんとすごい!!かっこいいぞ!!
ダーシー最高!!
最高記録樹立、中国最安値弁当価格です!
さあ、私も大連で探しに行こう!
[ 2006/09/02 16:38 ] [ 編集 ]
いつもコメント有難う御座います。
実はこれ、お店で食べて、この価格です。
ワタクシ自身、この価格を更新することは出来ないと思います。w
[ 2006/09/02 19:00 ] [ 編集 ]
私の最低記録はお昼2元です.

ある工場の従業員食堂でソコの社長さんと一緒に食べました.しかもその社長さんのおごりだったので完全にただ(笑)

美味しくはなかったけど,ちゃんと残さず食べれる味でした.
それよりも2000人の従業員が食事をした後なのに,床も机も全く汚れていないのに感動しました.
[ 2006/09/02 21:24 ] [ 編集 ]
負けました・・・w

自社の工場を褒めるのもなんですが、どれほどの教育を施したのか、我が社もかなり綺麗にされています。

まずは5Sが基本ですね。
[ 2006/09/02 21:52 ] [ 編集 ]
ダーシーさん、
もう中国人化してきているようですね。普通日本人はあまり食べないと思います。私はもうなれていますので、庶民の食べ物は大丈夫ですが、最初はやっぱり食べる事ができませんでした。こちらで食べ慣れると日本の中国料理不味いと感じますね。
[ 2006/09/03 00:10 ] [ 編集 ]
完全に中国人化しちゃってます。
中国の文化を理解するには、まずは食からです!w
[ 2006/09/03 00:44 ] [ 編集 ]
ダーシーさんのところは日系の工場だから教育が行き届いているのでしょうね.

私が以前面倒を見ていた台湾企業の工場は全然なっていませんでした.大体台湾幹部が従業員と一緒の食堂で食事をしないから教育もくそもないですね.

以前指導していた会社の食堂の様子です.
http://quality-mind.cocolog-nifty.com/qualitymind/2006/03/b_79a7.html
[ 2006/09/03 11:50 ] [ 編集 ]
確かに、台湾人は本土人を見下しているのか、レベルを合わせることを嫌いますよね。
プライドなのでしょうか???
[ 2006/09/04 00:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。