完全電気エコバス登場 in 中国上海 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > スポンサー広告 > 完全電気エコバス登場 in 中国上海ホーム > 中国 三面記事 > 完全電気エコバス登場 in 中国上海

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


完全電気エコバス登場 in 中国上海

電気の力だけで走るバスが、上海にお目見えしたようです。
電動バス2

電気モータとガソリンエンジンの両方を使ったハイブリッドシステムは知っていますが、完全に電力だけで走る、それも公共車のお目見えに、「ひょっとして日本より進んでるかもと!」と驚きました。

これって、日本では既に普通に走っている乗り物なのでしょうか?
ワタクシ、日本を離れて早3年半になり、今の日本の実態を分かっておらず、日本でも普通の事だったら恥ずかしい限りですが・・・。
電動バス1

なんでも、充電池と蓄電池を併用しながら完全に電気だけで走るシステムを実用化しているようで、全くのガソリン(軽油)レスの仕様らしいのです。
(ガソリン車と比べ、15%しか燃料の経費コストがダウンしないようですが・・・)

無論、日本の自動車メーカ各社も、電気自動車は実用段階にはあるものの、ガソリンスタンドのようなインフラが整っていない現状においては、一般車両として販売するには時期尚早との問題もあり、一般販売に至ってないだけなのかもしれませが、公共の、それも大量に人を乗せて走るバスに、このような電化仕様の乗り物を投入した中国は、安全性や信頼性の問題等々、賛否両論あるにせよ、積極的に市場投入していくその姿勢は、日本のメーカも学ばなければいけないのではと思うようになって来ました。

何よりも、環境破壊の代名詞とも言うべく、中国での投入は、世界に対するエコのアピールは絶対的なものがあると思います。
そういう意味では、中国お得意のプライドと見得の誇示のための投入のような気もしますが・・・。

一方、日本的な感覚から見れば、インフラ含めて完全ではない状態で、安易に市場に投入し、もし事故や重大なトラブルを起こしたり、はたまた、電気切れで、途中で停まってしまったみたいな、企業としてはブランドイメージに傷をつけるような行いを差し控えたい気持ちも分かります。

昨今の石油ストーブやPCバッテリーの発火事件等を考えると、完全を求める姿勢も分かりますが、あまり控えめになりすぎるが故に、折角の技術が陳腐化してしまい、結果として、世界に遅れをとる結果になってはと懸念してしまいます。

上海浦東国際空港にアクセスする上海リニアモーターカー。
400㌔強のスピードの中、ガタガタとどこかに飛んで行ってしまう(まぁ、実際に飛んでいるわけですが・・・)のではないかと不安になるくらい、凄まじい振動を体験して日には、少々ビビリましたが、何事も楽観的に捉え、どんどん実用化してしまう中国。
はたまた、保守的に何十年も実用化に向けた実験を重ね、絶対的な信頼性を確保してからでないと市場投入しない見込みの、未だに日を見ぬ日本のリニアモーターカー。

どちらが正解なのかは分かりませんが、何十年後かに、その結果が大きな差となっているような気がしてなりません。



いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング

-----------------------------------------------------------------

エコ電気自動車のしくみと製作 燃料電池で世界を変える-燃料電池メーカーのトップランナーバラード・パワー・ システムズのたたかい 自動車産業革命VRM―ビジネスモデルを変えるデジタル自動車 (B&Tブックス) ここまで来た!超電導リニアモーターカー―もう夢ではない。時速500キロの超世界
エコ電気自動車のしくみと製作
燃料電池で世界を変える-燃料電池メーカーのトップランナーバラード・パワー・ システムズのたたかい
自動車産業革命VRM―ビジネスモデルを変えるデジタル自動車 (B&Tブックス)
ここまで来た!超電導リニアモーターカー―もう夢ではない。時速500キロの超世界

[ 2007/09/20 23:22 ] 中国 三面記事 | TB(1) | CM(0)


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://daxi.blog55.fc2.com/tb.php/355-8df8108b

石油ストーブ石油ストーブ(せきゆストーブ)は、灯油を燃焼させる暖房|暖房機器である。石油ファンヒーターに比べ構造が簡単で故障が少なく、動作に商用電源が不要着火時のみ乾電池でニクロム線に通電する。一部の機種では、電子点火のガスコンロと同様な電気火花(スパー
[2007/09/29 15:32] 設備を調べる
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。