中国国家大劇院(National Grand Theatre) in 中国北京 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > スポンサー広告 > 中国国家大劇院(National Grand Theatre) in 中国北京ホーム > 北京 街 > 中国国家大劇院(National Grand Theatre) in 中国北京

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


中国国家大劇院(National Grand Theatre) in 中国北京

然る6月中旬に既にプレス発表されていた、北京中心部の天安門広場の近くに建設された中国国家大劇院(National Grand Theatre)が、いよいよ10月にオープニングするようです。
国家大劇院1

写真ど真ん中の更地みたいなところが天安門広場で左右に走っている道が長安街と、北京市の中心も中心みたいなところに位置します。
(青いところが゛中国国家大劇院(National Grand Theatre)゛です)
国家大劇院3

よくもまぁ、こんな街中にこれだけ広大な土地が空いていたものだと感心すると同時に、ただいま建設中のCCTV新社屋(中国中央電視台)のように、奇抜と言うか斬新なデザインの建築物が、急速に街のあちらこちらに目に付くようになり、中国の経済発展の凄まじさを感じてしまいます。

このアバンギャルドな劇場゛中国国家大劇院(National Grand Theatre)゛は、フランスの建築家ポール・アンドリュー(Paul Andreu)氏による設計で、12万㎡の敷地の中に、ガラスとチタニウムでできた巨大なカプセル型の建物が、浮かんでいるように見えるため、"湖中明珠"や゛一环碧水映明珠゛と言われています。
国家大劇院2

日々変わり行く北京の町並み、2008北京オリンピックまで、まだまだ開発が進んで行くのでしょうが、これだけ短期間の変化を見ると、すごいと思う反面、中国に来たころの町並みがどんどん失われていくと考えると、感慨深いものがあります。

新しく建造物を増やすのはいいと思うのですが、古き良き中国を全面的に出し、もっと中国らしい建築物を建てる風潮があってもいいような気がするのはワタクシだけでしょうか。


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング

-----------------------------------------------------------------

 モダン・ナチュラル    E.T.style  Paul Andreu: Architect  Paul Andreu: The Discovery of Universal Space
モダン・ナチュラル E.T.style
Paul Andreu: Architect
Paul Andreu: The Discovery of Universal Space
[ 2007/09/06 22:19 ] 北京 街 | TB(1) | CM(4)


SFXの世界に登場しそうなこの奇抜なデザインは、周囲の建物の伝統的な外観とは裏腹にマッチしてない気がしますが(苦笑)
とにかく、この外堀の水もに映った感じは、素晴らしくきれいですよね。

因みに、入り口であるガラスのトンネル等は風水を取り入れたという説もあるそうです。総工費はRMB 2.69billion で、これでもCCTV本社社屋の已然約半分程度だそうです。
[ 2007/09/06 18:14 ] [ 編集 ]
> よくもまぁ、こんな街中にこれだけ広大な土地が空いていたものだ

いつもながら、無理矢理住民を追い出したんでしょうね。
は、もう置いといて…、私も伝統家屋が好きですから、あんまりモダンアートみたいな建築物ばかりにしないで欲しいなと思います。日本も昔ながらの黒い瓦屋根の家屋は減り、近代的な西洋瓦の家ばかりになってきて、残念です。中国は、地方都市を旅行された方の写真を見ると、昔の日本みたいな風景があちらこちらに残っているようで、日本とは違うのですが、なんとなく懐かしさを感じたりします。こういうのを、大事にして欲しいですね。岡山の倉敷や埼玉の川越には、ほんの一区画だけ「美観地区」として残してありますが、あまりに限られた地域であるため、本物にもかかわらず作り物臭く感じてしまいます。見た目は昔のままでも、実際に住んでいる人の息吹が感じられないからでしょうね。
[ 2007/09/06 20:38 ] [ 編集 ]
北京でも風水を取り入れる建物が増えてきましたね。
あれだけがっぽりと空洞が出来ているCCTVも、まさにそうなんでしょうね。
[ 2007/09/06 23:03 ] [ 編集 ]
京都などは街ぐるみで町並み維持に必死になっているようで、いまも平屋や縦長で奥にちょっと庭があるような家が多く残っているところを見ると、稀に見る成功事例なのかもしれませんね。
[ 2007/09/06 23:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://daxi.blog55.fc2.com/tb.php/346-c1818762

天安門広場をぐるりと一周散策した後、隣に位置する今度新しくできた、中国国家大劇院の外観を見に行くことにしました天安門や故宮など北京の中心部に突如現れた、全然中国っぽくない建物国家大劇院よくこんな広大な敷地が、しかも天安門付近で確保できましたよねぇさすが..
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。