FC2ブログ

環境汚染で朝から臭い自宅周辺 in 中国北京 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > 中国 生活 > 環境汚染で朝から臭い自宅周辺 in 中国北京

環境汚染で朝から臭い自宅周辺 in 中国北京

今に始まったことでもないのですが、暑いこの季節、朝から異臭が漂ってきます。

異臭の根源、近くを流れる川の汚染が原因です。
臭い川1

川と言っても、水の溜まった水路といったところで、水の流れがほとんどないため、蓄積された汚水が発酵しています。

色は、見方によって汚れの無い濃緑で、水面は常にプクプクと泡が立つ始末です。
臭い川2 臭い川3

余りの汚さなのか、はたまた、北京オリンピックに向けた市内浄化が目的なのか、ようやく工事が開始され、埋め立てられるのか人口の川に姿を変えるのか、今のところ全く分かりませんが、悪臭の環境が改善されれば言うことはありません。

中国の汚染状況を学ぼうとGoogle<中国><汚染>をキーワードに検索したところ、2,270,000件もヒットすることからも、その実態がうかがい知れます。

そんな中、河川汚染と食品の非安全性が集約されたようなブログがあったのを思い出しましたので、ご紹介します。

アジアの安全な食べ物-中国の7色に輝く河川と食品

あくまでも、ある一部の事例につき、上海・北京等の主要都市がこのような実態であると悲観することはないのでしょうが、中国にお住まいの方、また、これから中国に赴任される方は、ちょっと引いてしまうかもしれません。

いま居る中国の一部では、このような環境破壊や公害、食品の汚染があることを踏まえ、多少は自衛策を考えないといけないのかもしれませんね。

と言いながら、どうしていいのか全く分かりません・・・。


≪環境汚染関連記事≫
それ食べるんですか?(2006.9.1)



いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング

-----------------------------------------------------------------

本当の中国を知っていますか? ――農村、エイズ、環境、司法 中国で環境問題にとりくむ 環境共同体としての日中韓 中国の環境政策 生態移民―緑の大地、内モンゴルの砂漠化を防げるか? (地球研叢書)
本当の中国を知っていますか? ――農村、エイズ、環境、司法
中国で環境問題にとりくむ 
環境共同体としての日中韓
中国の環境政策 生態移民―緑の大地、内モンゴルの砂漠化を防げるか?

[ 2007/07/27 22:33 ] 中国 生活 | TB(1) | CM(12)


何と皮肉な注目の浴び方でしょうか。中国に今おられるダーシー様のご意見はどんなものかと、思っていたところです。
早速、紹介してくださったサイトを覗いてみました。言葉が出てこない…。
でも、現代の日本から見ると、とんでもない!なんですけど、日本も高度経済成長時代には、工場など汚水垂れ流しだったような気がします。で、結果が、イタイイタイ病とか、水俣病とか。現在も補償が解決した感じがしないものが多いです。 すべての者が通る道?なのでしょうか? しかし、同じ庶民として、中国の庶民が気の毒になってきました。この分野で日本が活躍できることも多いのでは、と思います。
[ 2007/07/27 02:21 ] [ 編集 ]
我が家のある住宅地一帯の悪臭を放っていた運河もことごとく改修されて、それはそれは美しい遊歩道つきの河岸にと変身しております。
市内を斜めに横切る大運河を掘って頤和園まで遊覧船を通す計画(!?)もあるそうで、その工事も始まってますね。それもこれもオリンピックを意識してのことなのでしょう。
「死体が浮いてたらしい」「手が出ていた」など怪しげな噂のあったよどんんだ川がきれいになることは学校のママさん仲間の間でとても歓迎されていました。(遊覧船には疑問を感じるけど・・・)

夫は水関係の仕事をしてますが、日本の様々なメディアから取材の依頼がひけもきらないようです。数ヶ月間の密着取材なんてのもありました。
関心度の高さがうかがえます。

<中国><汚染>は今一番のトレンドなのでしょうね。
[ 2007/07/27 12:57 ] [ 編集 ]
紹介サイトの写真については一部別途サイトからの誤植や加工された写真であることが
噂(自分で本サイトや実写真等の確認していないので...)されていますが
確かに私が中国に初めて行った頃には真っ赤な池や黄色い川などは目撃しております。
ここのところの環境配慮(対外配慮?)にて見る機会は格段に減少しておりますので
対策に取り組んでいる(見えない様に隠している?)ことは事実だと思います。
末端まで目が届かないのがまだまだ今の現状ですので気をつける人、企業、管理職が増えることを祈るばかりです。
まぁ、今回の監督管理局長の重刑もありますし警告にはなっているのでしょうか
と、思っておりますが...
[ 2007/07/27 21:41 ] [ 編集 ]
“アジアの安全な食べ物”は2年前の記事でしょう。

紹介写真は事実確認を取ってから記事にするべきです。

中国は環境汚染対策にかなりのお金をかけて汚染をなくそうとしている事も紹介してやってよ。
[ 2007/07/28 09:28 ] [ 編集 ]
ダーシーさん
とても参考になり、また考えさせられました。私は、特定の個人を攻撃するものではない以上、このような記事の掲載になんの問題もないと思います。これからも拝読させて頂きます。
[ 2007/07/28 12:37 ] [ 編集 ]
昔はこのような光景や問題がそこら中にあったのでしょう。
自国がこんなんだったらと思うとゾッとします。また、確かに中国国民が気の毒になってしまいます。
頑張って欲しいものです。
[ 2007/07/28 16:58 ] [ 編集 ]
遊覧船が通っちゃうんですか。それはそれで、ちょっと興味ありありです。

人工河川も、そもそも環境破壊であり、日本では自然河川に戻す動きも多方面にてあるようですので、ちょっと残念な気もしますが、現段階での中国にとっては、ベストな選択なのかも知れませんね。

いずれにせよ、臭いから開放されたいです。w
[ 2007/07/28 17:02 ] [ 編集 ]
いろいろな問題に資金投入して、すさまじい勢いで改善につとめているようで、歓迎する限りですが、それはほんの一部のことであり、環境問題だけでも山積している現在の中国を思うと、気の毒にさえなります。
加えて、昔の日本もこんなんだったのかと思うと、ゾッとしますね。
今後に期待です。w
[ 2007/07/28 17:05 ] [ 編集 ]
その通りで御座います。
確かに、環境対策はじめ、いろいろとなところに資金投入して改善に力をいれているのは事実ですね。

また、“アジアの安全な食べ物”の写真が加工されている可能性を示唆する書き込みも頂いておりますので、事実を捻じ曲げてしまっている部分もあるかもしれませんが、程度の差こそあれ、さほど事実とかけ離れていない考えています。

一方、sakikoさんも中国にお住まい(南の方?)のようですので、日々改善される光景を見られてのご意見かと思います。
今後は良い点も書くように心がけます。

当内容は、感じたままを書いているだけであり、特段、否定も肯定もしているつもりは御座いませんので、ご理解いただければ思います。

これからも、当ブログの問題点お気づきになられましたら、ご意見いただけますと幸いです。今後とも宜しくお願い致します。
[ 2007/07/28 17:23 ] [ 編集 ]
sakikoさんのご指摘を踏まえてのコメントかと思いますが、事実、ワタクシのブログは全体的に、中国に対して悲観的、且つ否定的な意見が多いことは認識しておりますので、このようなご指摘があってもしかるべきと考えています。

誤解を生む書き方をしているとすれば改めなければなりませんが、一個人の個人的な感想として、今後も、感じるままに書いていきたいと考えています。

今後とも応援宜しくお願い致します。
[ 2007/07/28 17:24 ] [ 編集 ]
横レスすみません。。 
が、頤和園の改修工事については、そのために世界遺産リストから削除される可能性があるそうで、私としては心配です。詳しいことは判らないのですが、工事に使用される素材や原形の維持ということで、問題視されているようです。
http://valvane.blog17.fc2.com/blog-entry-744.html
[ 2007/08/29 02:34 ] [ 編集 ]
頤和園脱落ですか。。。
形ばっかりで中身や本質が伴っていないことが問題なのでしょうが、その点、中国はもっと勉強しなければいけませんよね。
No pain,No gain!ってことで、いいんじゃないでしょうか。w
[ 2007/08/30 00:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://daxi.blog55.fc2.com/tb.php/312-9314a5aa

この先、中国は環境汚染対策に40億ドルを注ぎ込む決定を行う。この話題に付いてロシアの声の評論委員は、次のようにコメントしている。中国では残留性有機汚染物質(POPs)に関する、ストックホルム条約の内容を実現とする国家計画の為に、巨額の支出を行うことが見込まれてい
[2007/07/27 12:26] 1010 Radio
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 ≪│2021/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング