IKEA(宜家家居)でお買い物&IKEAに圧巻 in 中国北京 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > スポンサー広告 > IKEA(宜家家居)でお買い物&IKEAに圧巻 in 中国北京ホーム > 北京 買い物 > IKEA(宜家家居)でお買い物&IKEAに圧巻 in 中国北京

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


IKEA(宜家家居)でお買い物&IKEAに圧巻 in 中国北京

IKEA(宜家家居)でセールやってるとのことで、久しぶりに行ってきました。
IKEA1 IKEA2

IKEAと言えば、三年前の中国来た当初には既に北京にあったと思いますので、日本よりも早い進出だったように記憶しています。

先週末に行ったのですが、セールと言うこともあって、歩くのも困難な程に大賑わいでした。
特に家具コーナーはすごい人ごみで、中国経済の発展の恩恵を一般市民が享受していることを物語っているように感じました。

無論、ここは中国ですので、ベッドで本気寝をしている輩がいるかと思えば、ソファに座って飲み物飲んでいる輩と、日本ではちょっと想像出来ないような光景を目にすることが出来ますが、人間味溢れるというか、最近はそのような光景に親しみが沸くようになってきました。

人間の本質を垣間見ているような気がする中、世間体を気にし、格好ばかりつけている我々日本人の方がどうにかしているような気さえします。

そんな感覚のワタクシ、ちゃんと日本社会に復帰できるか不安です。

今回は籠を買おうと行ったのですが、期待通り、欲しいのが見つかりました。
IKEA6 IKEA7

いつも感心させられるのが、このようなアイテムであっても、展示品以外は組み立て前の状態で置き、省スペース化を図る一方で、だれでもが簡単に組み立てられるよう、極力簡単な構造に徹していることです。

この籠の場合、たいした構造ではないのでなんてこと無いのですが、以前に椅子を買った際には、主婦でもドライバー一本で簡単に組み立てられるよう、マニュアルが分かりやすく、また、構造がいたって簡単に出来ていました。

まぁ、シンプルなモノが多いと言ってしまえばそれまでですが、消費者側に組み立てさせることで在庫スペースの効率化を図ったり、包装が必要な人にはレジ後に自分でやらせる等、これでもかと言うほどにコストを削る一方、日本企業にはマネが出来ないほどの企業規模を生かした圧倒的な物量には圧倒させられます。
IKEA4 IKEA5

今回はベッドマットも買ったのですが、在庫確認後に発注伝票を書いてもらい、レジで支払いを済ましたら、配達カウンターで伝票を渡して住所を言えば、即日配達もしてくれました。

このIKEA、行かれたことのある方はご存知でしょうが、入り口と出口が完全に別けられており、道順に沿って進みながら、大型カートにひたすら欲しいものを入れて、最後にレジで一括精算のため、店側も、大きな商品をずっと持って歩かせることで、混雑するのを避ける狙いもあるのでしょうが、この合理性は素晴らしいの一言です。

発送料は掛かりますが、売り場のシステムで入力してしまえば、わざわざ商品をレジまで運ばなくても、ちゃんと配達センターに商品が運ばれているこの仕組みには圧巻でした。

そこらへんの詳しい話も『IKEA超巨大小売業、成功の秘訣』に書かれてるようですので、興味津々です。

ってか、これって普通のことですか?
大きなモノって、あまり買ったこと無いので。。。

サービスレベルについては、その人材が中国人ですので、平気で鼻くそほじりながら携帯電話で遊んでる人間が居たりと、まだまだなのでしょうが、とはいえ、こちらが求める最低限のことは、不快無く提供してくれました。

昨今では、日系のデパートもぞくぞく進出してきており、日本式の過剰なまでのサービスと、欧米系の必要最低限のサービス、中国ではどちらが受け入れられるのかも見モノです。


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング

-----------------------------------------------------------------

IKEA超巨大小売業、成功の秘訣 IKEAファンブック
IKEA超巨大小売業、成功の秘訣
IKEAファンブック

[ 2007/07/16 23:45 ] 北京 買い物 | TB(1) | CM(6)


実はIKEAの進出は日本のほうが先立ったんですよ。バブってた時期に一度進出したのですが、マーケティングに失敗。撤退し、去年再度日本市場に挑戦です。
中国で大人気のIKEAですが、どやら中国人は消費はしてくれるものの、新しい製品のアイデアは生まれにくい市場らしく、日本の厳しい消費者の目で鍛えてもらいながら、世界展開を拡大するのが狙いとか。
[ 2007/07/16 10:28 ] [ 編集 ]
日本にもあったんですか過去に。。。
確かに、中国はまだまだ売り手市場なのかもしれませんね。
まぁ、中国人のセンスで商品作られてしまったら、我々ガイジンの常用は減ってしまうでしょうが。。。w
[ 2007/07/17 01:38 ] [ 編集 ]
IKEA好きだわ~。上海出張の時はホテルの近くにあるので寄らせてもらってます^^
神戸にもそのうち出来るらしく、、、楽しみ♪
まあネットでも買えるんだけどね~。
[ 2007/07/17 09:00 ] [ 編集 ]
補足なんですが、その過去のマーケティングの失敗要因は、日本の生活様式が独特なものである(靴を脱ぐ生活)という点を踏まえてなかったから、商品(西洋文化向け)とのミスマッチが発生し市場に受け入れられなかった様なんです。昨年の船橋出店にあたっては、それまでずっと日本の家屋と生活様式を徹底研究した上での満を持しての再チャレンジだったってことですね。

その点最近の中国の家屋は西洋式なので問題なく受け入れられたのでしょう。
[ 2007/07/17 20:28 ] [ 編集 ]
大都市には結構あるんじゃないかな。
日本も早く追いつけるように頑張ってください!
って、オレは中国人か!!www
[ 2007/07/17 23:48 ] [ 編集 ]
そういう経緯があったんですね。
大塚家具と切磋琢磨して、もっと良い物&コストダウン図ってくれれば嬉しいですね。w
[ 2007/07/17 23:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://daxi.blog55.fc2.com/tb.php/306-ba86ce79

ダイナ・サーチの石塚です。私は部屋の改装・デザインが趣味のひとつで、オフィスや自宅など常にどこかを改装している。買い替える機会の多いシンプルな本棚やパーツなどは、イケア...
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。