FC2ブログ

レム・コールハース(OMA)デザインのCCTV(中国中央電視台)本社新社屋 in 中国北京 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > 北京 街 > レム・コールハース(OMA)デザインのCCTV(中国中央電視台)本社新社屋 in 中国北京

レム・コールハース(OMA)デザインのCCTV(中国中央電視台)本社新社屋 in 中国北京

通勤経路にあるイビツな形をした工事中の建物。
中国北京にお住まいの方でなくてもご存知の方も多い、CCTV(中国中央電視台)本社新社屋です。
CCTV新社屋1

場所は北京の中心地である東三環路の国貿のちょっと北側に位置しますが、ほんの一年前くらいまでは古びたマンションが立ち並んでいたように記憶しています。

日本でも騒がれているように、中国ではお上が一声発すれば、どこであろうと計画用地として没収されてしまいます。

そんな北京の北京の中心地に立とうとしているCCTV(中国中央電視台)本社新社屋、斜めに聳え立つそのイビツな形に、最終的にどんなデザインになるのだろうと気になり調べてみました。

てっきり斜めの二本の建物になると想像していましたが、こんな複雑な形になるんですね。
     CCTV新社屋2
※他のアングルも見たい方はこちら

デザイン画ゆえに、実際とは違う部分も多分にあるのでしょうが、ふもとから見ている限りは、あの場所にこんな代物が建つとは想像も出来ませんし、何よりも、こんな拓けた空間が出来るのかと思うとビックリです。

この建物、なんでもレム・コールハース(Rem Koolhaas)by OMAデザインとのことです。
レム・コールハースって建築家だったんですね。以前に、何がきっかけだったか『錯乱のニューヨーク』をパラパラと見たことがあり、内容が印象深かったことから名前をうろ覚えしてたのですが、てっきり著作家だと思ってました。

完成は2008年オリンピックの年。
ちなみに北京の中心にあたるCBD地区は、CCTV(中国中央電視台)の他にも、北京テレビ、米タイム・ワーナー、香港鳳凰衛視(フェニックステレビ)などが相次いで移転を進めており、北京はもとより全国のメディアの中心になるようです。
建設ラッシュに沸く中国北京の町並みがどれほど変わるのか、今から楽しみです。


その他、中国北京情報はこちら(ランキング)


≪レム・コールハース(Rem Koolhaas)関連著書≫
OMA@work.a+u―レム・コールハース 行動主義―レム・コールハースドキュメント 錯乱のニューヨーク WHAT IS OMA―レム・コールハースとOMAについての考察
OMA@work.a+u―レム・コールハース
行動主義―レム・コールハースドキュメント
錯乱のニューヨーク
WHAT IS OMA―レム・コールハースとOMAについての考察


20世紀名住宅選集(CD-ROM付)『20世紀名住宅選集』



いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング
[ 2007/06/04 23:23 ] 北京 街 | TB(3) | CM(8)


この Rem Koolhaas ってオランダ人建築家で、このプロジェクトは彼が中心でありチーフではあるけど、どうやら一人ではないようです。

サブにドイツ人建築家の Ole Scheeren が居て、さらにその他に多くのOMA (Office of Metropolitan Architecture) が誇る最強建築家達によりチームが組まれているプロジェクトらしいです。余談ですが、この形になったのも傾いてはいるものの、ねじれが繋がることで耐震性のある形状という部分に対する考慮があったのと、中国政府が、これは「中国のピラミッド」だと誇れるようそう言ってもらいたい思いからピラミッドをモチーフにしたという話があるそうです。そういわれればそんな形してますよね(笑)

ちなみに、オリンピックスタジアム(鳥の巣)の総工費は RMB 3.1billion なのに対し、このCCTV本社ビルの総工費はRMB 5.8 billionらしいので、そのスケールと規模が鳥の巣以上というのは、上記の逸話からも中国政府が中国のシンボル的ビルにしたい意気込みの現われなのかもしれませんね。
[ 2007/06/04 18:08 ] [ 編集 ]
危ない!!!!ちょっと大きい地震来たらグシャって音たてて崩れそう・・・
けっこう怖いイメージです。中国は不思議な国ですね。。。
近代的かと思えばすごく昔な雰囲気漂っていたり・・・
さすが4000年おみそれいたします。
[ 2007/06/05 22:58 ] [ 編集 ]
えぇーーーー、北京オリンピックのスタジアムより高いんですか。。
驚きです。。。w
さすが見栄の国、中国ですね。納得です。www
[ 2007/06/06 01:47 ] [ 編集 ]
北京は地震がないので、こんな奇抜な建物も建てれるのかもしれません。
とは言うものの、このちょっと曲がったような形が、逆に、強度を出しているようです。建築の世界、全く分かりません。。。www
[ 2007/06/06 01:48 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
最近、お茶のイベントなどで忙しく動いていました。
しっかし、この建物!すごいですよね~!実際に見てみたいですけど、完成は来年ですものね・・・。
中国って、地震は無いのですか~?うらやましいですね・・・。
そういえば、香港だって、あんなにすごい建物ばかりで、地震があったら怖いなんていうもんじゃないですよね・・・。
[ 2007/06/06 09:33 ] [ 編集 ]
お茶のイベントですか。儲かってますかぁ~???www
中国は基本的に地震がないので、こんなの建てられるんでしょうね。
そういった意味では、香港はすごいですよね。
地震起きたら、たぶん大半が崩れるものと思われます。。。w
[ 2007/06/06 21:46 ] [ 編集 ]
先週金曜夜のこと、友人から誘いがあり、とある西洋人ばっかりが集まっているホームパーティに誘われ行ってきたところ・・・話していた内の一人が建築家だというので、このCCTV本社ビルの建築について話題になり盛りあがりました。最後に名刺交換をしたのですが、屋上ガーデンテラスでのパーティだったのでうす暗くてよく見なかったのですが、翌日よく見てみると・・・・

なんと、OMAの建築家の一人(アメリカ人)でした!!!
このタイムリーな話題もあり、びっくりでした。
[ 2007/06/11 19:20 ] [ 編集 ]
ス・スゲェー!
OMAの建築家の一人に会われることも然ることながら、定期的に欧米人のパーティーに参加されているMichaelさんにビックリです。w
今度、名刺見せて下さい!!!
[ 2007/06/11 23:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://daxi.blog55.fc2.com/tb.php/270-d5d11671

然る6月中旬に既にプレス発表されていた、北京中心部の天安門広場の近くに建設された中国国家大劇院(National Grand Theatre)が、いよいよ10月にオープニングするようです。写真ど真ん中の更地みたいなところが天安門広
昨今、日本でも問題になっているずさんな工事。 ここ中国では、それが目に見えるカタチで実感できます。 突然の道の陥没に見舞われたのは、長安街と大望路の交差点付近。 11/29の...
カメラ片手に、プラプラとお散歩に出かけてきました。 写真は中国中央電視台(CCTV)本社ビル。だいぶ仕上がってきましたね。 あれよあれ...
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 ≪│2021/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング