FC2ブログ

痛いけど気持ちいい中国マッサージ@カッピング@吸い玉療法@拔罐 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > 中国 生活 > 痛いけど気持ちいい中国マッサージ@カッピング@吸い玉療法@拔罐

痛いけど気持ちいい中国マッサージ@カッピング@吸い玉療法@拔罐

突然の衝撃写真でスイマセン。

カッピング1

写真は、ちょっと前に始めて体験したカッピング(吸い玉療法)。
中国語では拔罐(Ba2 Guan4)といいます。
スゴイ拷問を受けているようにも見えますが、ちゃんとしたマッサージです。

真空にした硝子のカップを肌に付けると、肌(肉?)がキューっと吸い上げられます。

お店にもよるのでしょうが、これがただならぬ痛さ。
つねられているなんてものでは御座いません。キツーク吸い付いたカップを、縦に横に動かされ、この世のものではないほどです。

ちょっと間違えると、違った世界に目覚めてしまいそうになります。
カッピング2 カッピング4
痛さに加えて、カップに火をかざしすと、内部の空気が抜け真空状態にする訳ですが、裸でうつ伏せになってる横で、火を扱われるので、怖さも倍増です。

こんなカッピング(吸い玉療法)ですが、何が良いのかといいますと、悪い血液が吸い上げられ(吸い出され)、その部位が回復すると言う原理のようで、悪いところほど黒ずんだ内出血を起こします。

視覚的にもどこが悪いのか一目瞭然です。

以下カッピング(吸い玉療法)詳細(hiroさんブログより)

民間療法~吸玉療法・吸い玉・カッピング療法

≪吸い玉療法とは≫
吸い玉療法は数千年の歴史をもつ中国の民間療法の一つで、中国では今でも家庭で愛好する人はかなり多いです。吸玉療法は,拔罐療法, 吸覺療法ともいい,皮膚に吸着させ、刺激を与えることによって、血液の循環をはかり、血行をよくします。吸玉療法は体内組織の改善により筋肉のコリなどをほぐします。昔は竹の木を使っていたが、いまはガラス製やプラスチックのものがほとんどです。

カッピング療法エステやマッサージ店などでもおなじみになってきていますが、日本では、吸玉療法と呼ぶ人もいます。カッピング療法は古くから世界各地で行われた治療法のことです。電動式または手動式ポンプを使用する吸い玉です。家庭でも手軽くできる民間療法です。カッピング療法はダイエットや美容は効果があるといわれていることでいま女性達が人気を呼んでいます。

≪吸玉療法・カッピング療法の効果≫
・血液を綺麗にする
・血行をよくする
・免疫力を高まる
・皮膚の若さを保つ
・内臓諸器官を活発にする
・自律神経を調整する
・マッサージ効果

  
プハン・バイオ・カッピングTM 1セット
9種類のカップが30コ!
安心1年保障付!当店限定☆サロンも推薦のお風呂でセルライト除去セット!

写真は、治療が終わってぐったりしているのでは御座いません。
体中にカッピングされた状態で、必死に耐えております。
カッピング3

そんなこんなの痛いカッピング(吸い玉療法)ですが、終わってみるとあら不思議。

体が妙に軽くなり、不思議と心地よい感覚でした。


SでもMでも、どちらでもないと自負しているワタクシ。
痛いけど気持ちいい、拔罐にハマリそうです。

ブログランキングへ



お陰様で32日連続投稿。以下のバナーをポチポチしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2




サントリー健康食品オンラインショップサントリー健康食品オンラインショップ


>続きを読む(ランキング)
[ 2007/04/01 23:54 ] 中国 生活 | TB(2) | CM(22)


ダーシーさん
この吸い玉療法、ポンプ式などがあり中国人の家庭にも置いていますが、お店に行けば火をつけて真空にする方法でやっているのですが、火を使っているだけに、本当に信頼のある店でやってもらわないと、私の友達が火傷をしたので危険です。私もたまにやってもらうのですがカップの中に火が残っていて熱くて飛び上がったこともあるのですが、肩が重いときなどはこの治療法は抜群にスッキリしてクセになります。
[ 2007/04/01 10:55 ] [ 編集 ]
衝撃写真すぎます(≧∀≦)!
けど、背中がえらいことになってますねぇ・・・
写真では右側の脇の下辺りが一番どす黒く見えますが、
やっぱり、体が軽くなるのは楽ですよね!!
是非是非体を癒してあげてください。
[ 2007/04/01 12:19 ] [ 編集 ]
めちゃめちゃグロイっすね!
この写真のことを言っていたんですね。
あらためて・・・
[ 2007/04/01 12:27 ] [ 編集 ]
コメント有難う御座います。
やけどの話、周りにも同じ体験の方いらっしゃいます。故に、はじめての時はやったことあるひとに連れて行ってもらいました。
こんなんでヤケドしてたら溜まったものではありません。でもでも、効くのでハマリそうです。w
[ 2007/04/01 18:00 ] [ 編集 ]
でしょ!悪いところはそこら中にあるのに、「ほな、どうすればいいの?」って感じで、ほったらかしですw
ホンマに、この治療だけでよくなってるのかは疑問ですwww
[ 2007/04/01 18:02 ] [ 編集 ]
そうそう、これこれ!!この写真、アップしたかったんだよね。w
ってか、いま起きましたwww
[ 2007/04/01 18:03 ] [ 編集 ]
身体に良いと言われてもやりたくないです・・・
彼女がやった事ありますが、1週間以上跡が消えませんでした。
[ 2007/04/01 20:32 ] [ 編集 ]
グロい写真ですねぇ~~。こわっ。
でも、ダイエット効果があるんですか。。。
やってみたいなぁ。
これって、跡残らないんですか?
[ 2007/04/01 23:13 ] [ 編集 ]
こんにちは!
そうですよ!この写真怖いですね!
吸玉のことをちょうど私も書いてたので、お!と思い覗いてみたらこんな事に!こんなことになっていたのね…。しかもプロがやると赤くなるそうですよね。他のマッサージ屋で服脱いだら、背中を惚れ惚れとほめられました。
[ 2007/04/01 23:35 ] [ 編集 ]
これって跡がしばらく消えないから、裸になるの恥ずかしいっすよねー。v-13
[ 2007/04/01 23:41 ] [ 編集 ]
ワタシが行く中医大学付属のマッサージセンターでは竹の筒でやってくれれます。最初はドキドキでしたけど、結構はまりますね。
数は自分で指定するんですけど、この前は隙間があるからって一個おまけしてくれました。終わると「この辺が悪い(黒い)よ・・・」と教えてくれるんですが、背中だけに自分で確認するのがタイヘンです。
[ 2007/04/02 03:26 ] [ 編集 ]
痛そうだけど、気持ちよさそう☆
跡が残りそうで怖いけど、興味ありです!
[ 2007/04/02 03:49 ] [ 編集 ]
そうなんです!これの難点は、当分跡が消えないところ。
人前で脱ぐ機会もないのですが、なんか事故にあったりして、脱がされたとき恥ずかしいですよね。まぁ、中国だからいいか。w
[ 2007/04/02 05:51 ] [ 編集 ]
バリバリ跡残りますよ。悲惨なものです。。。w
[ 2007/04/02 05:51 ] [ 編集 ]
早速TBさせてもらいました。それに、リンクも。
ヒサ子さんの写真、ちょっとヌーディーでビックリしましたw
[ 2007/04/02 05:53 ] [ 編集 ]
どこかで裸になるシチュエーションあるのでしょうか?
詳しくは直接教えて下さい!www
[ 2007/04/02 05:53 ] [ 編集 ]
竹・・・ですか。なんか、切り口が痛そうですね。w
たぶん、これやった後は、皆さん洗面台の前で体ひねってますよね。w
[ 2007/04/02 05:55 ] [ 編集 ]
次回行っとく?って、もうチャンスないか。。。w
[ 2007/04/02 05:56 ] [ 編集 ]
毒素が出てると色・痕が凄いんですよね。日本より安いし体が楽になるからお薦め!と聞きた事があります。
[ 2007/04/06 23:14 ] [ 編集 ]
では、お越しの際には体験させて進ぜましょう!
[ 2007/04/07 05:22 ] [ 編集 ]
おーすごい写真ですな。
これは走罐(zou3guan4)もやってますな。
中国だと50元も出せばこの道具一式セットで買えますよ。

実はうちの中医付属病院ではこれをオマケでタダでやっておりますw
本当は1回10元なんだけどね^^
[ 2007/05/14 20:56 ] [ 編集 ]
コメント有難う御座いました。
走罐オマケとは。。。いよっ!太っ腹!!w
また覗きに来て下さい!
[ 2007/05/14 22:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://daxi.blog55.fc2.com/tb.php/208-b142c62f

長かったたびもあっという間に最終日になってしまいました。全体を通して天気に恵まれなかったですね。成都、上海、杭州は曇りや雨ばっかでした・・・香港・マカオは物価が高い!旅行中一番高い部屋で一番狭い
[2007/04/01 12:32] 中国株&北京生活記
昨日は優雅な一日を過ごしました。 3月22日(土)の行動内容は以下の通り。 1.北京ゴルフクラブ(順義)ゴルフ場で某コンペ 2.鳥小屋食堂で...
訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 ≪│2021/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング