FC2ブログ

北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > アーカイブ - 2008年02月

盧溝橋(卢沟桥)→宛平城→中国人民抗日戦争紀念館 in 中国北京

天気の良かった週末、盧溝橋(卢沟桥)と中国人民抗日戦争紀念館に行ってきました。
盧溝橋→宛平城→中国人民抗日戦争紀念館2

全長約260m,幅7.5m、11の橋桁からなる盧溝橋は、言わずと知れたに中戦争勃発の地として有名ですが、元代に訪れたマルコ・ポーロが美しさに絶賛した頃から、マルコ・ポーロ・ブリッジとも言われるようです。

現在の姿は、1987年7月に立て直した姿らしいのですが、橋の中央部には昔ながらの磨り減った石畳がそのままの姿で残されています。
         盧溝橋→宛平城→中国人民抗日戦争紀念館1


また、橋の欄干には石に彫られた獅子が数百体据え付けられていますが、そのほとんどが真新しい姿をしていました。
(写真の獅子は比較的、古びた感じの部類でした)
盧溝橋→宛平城→中国人民抗日戦争紀念館3

橋の東側には、清代乾隆帝作の「盧溝暁月」の大理石の碑なども見ることが出来ました。
         
また、盧溝橋の東側には、宛平城なる、日中戦争の折に日本軍が最初に占領した城がありますが、残念ながら登ることは出来ないようです。
    盧溝橋→中国人民抗日戦争記念館6  盧溝橋→宛平城→中国人民抗日戦争記念館7

宛平城をくぐり、東に進むと、これまた有名な中国人民抗日紀念館があります。
偽造写真など歪められた歴史もあるようですが、戦争を知る上ではいろいろと学べます。
盧溝橋→宛平城→中国人民抗日戦争紀念館4

中国人民抗日紀念館の前には、中国国旗が威風堂々と掲げられ、なびいていました。
盧溝橋→宛平城→中国人民抗日戦争紀念館5

日中戦争の是非はさておき、70年前に日本人が戦争をした地として、盧溝橋・中国人民抗日戦争紀念館共に、一度訪れておくべき場所のような気がします。


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 

-------------------------------------------------------------------------

トランクの中の日本―米従軍カメラマンの非公式記録 若き世代に語る日中戦争 (文春新書 607) GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた    小学館文庫
トランクの中の日本―米従軍カメラマンの非公式記録
若き世代に語る日中戦争
GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた


スポンサーサイト





華南エリア災害支援ボランティアのオレンジ in 中国北京

先月末から今月に掛けて、中国の気候が大荒れになったのは、中国在住者なら周知のことですが、最も被害を受けた?華南エリアを助けようと、オレンジの一斉購入が呼びかけられました。
華南災害支援オレンジ1

なんでも、交通網が完全復旧していないとのことで、未だ物流が止まっているエリアもあるようで、そんな実態も含め、南の方の人をちょっとでも助けようとのボランティア活動といったらいいのか、まぁ、そんな類の活動があったようです。

ってのも、そんな呼びかけは、大量のオレンジが来るまで知らなかったワタクシ。
出張に出ていて居なかったからなのか、ガイジンだということで遠慮されてしまったか・・・。
理由は定かではありませんが、偽善者ぶるのもなんなので、少しも援助しなかった事実は、はっきりと申し上げておくこととします。

ワタクシ、一銭も出していません。でも、同僚におすそ分けを頂きました。
美味しかったです。ハイ


重さにして10㌔くらいでしょうか。
ほぼ全員が一箱以上を購入したようで、事務所に大量に山済みされたレンジからは、数日経っても匂いが消えない程、いい香りを漂わせてくれていました。

外はまだまだ寒いというのに、オフィスの中は、南国を思わせる匂いに覆われていました。

ワタクシ、結構卑屈な人間でして、強制的に寄付させられたりとかは嫌な癖して、結構この手の支援活動には積極的に関わって行きたい派だったりします。

「声掛けたら、お前本当に買ったか?」と言われてしまうと、後の祭りで、なんとでも言いようがありませんが・・・。

心から支援してあげようと購入した者ばかりか否かは分かりませんが、個人主義的な印象の強い中国人も、この手の「全員で助けよー!」みたいなノリは、非常に活発なように感じます。

と言うのも、わが社は創業記念日に、全世界でボランティア活動をする慣わしがありまして、毎年、様々な企画を立てては活動をしています。
昨年は植樹に行ってきました。(一昨年は、幼児施設でのボランティア活動でした)

そんな折には、全員でお揃いのTシャツ作っては、仕事では目にすることが無い程に積極的、且つ生き生きとしていて、見事なまでに組織プレーが出来たりします。

一方、日本では≪参加することに意義がある≫みたいなノリだった様に記憶しています。

そんな彼ら中国人を見ていると、我々日本人の方が、よっぽど協調性がないというか、主体性が無いというか、彼らに学ばなければいけないところが大いにあるなと感じてしまいます。

日本も中国も一長一短はあります。
切磋琢磨していけるような、良い関係を築いていきたいものです。


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 



-------------------------------------------------------------------

リーダーのあなたに贈る実戦!NPOマネジメント メイク・ア・ウィッシュの大野さん (ダ・ヴィンチ ブックス) ちょこボラ!―今すぐはじめられる、お手軽ボランティア
リーダーのあなたに贈る実戦!NPOマネジメント
メイク・ア・ウィッシュの大野さん (ダ・ヴィンチ ブックス)
ちょこボラ!―今すぐはじめられる、お手軽ボランティア

[ 2008/02/27 08:08 ] 中国 中国人の感覚 | TB(0) | CM(0)


南鑼鼓巷 ARUYO お土産物(中国雑貨)ショップ in 中国北京

南鑼鼓巷にオープン間近のTravel i Counter & Original Souvenir Shop ARUYO(あるよ)
中国は北京にあるお土産ショップです。
     南鑼鼓巷 ARUYO お土産物ショップ3    南鑼鼓巷 ARUYO お土産物ショップ2

正式には4月4日にオープンですが、試営業中とのことで行って来ました。

場所は南鑼鼓巷と、中国人にも外国人にも人気のお洒落スポットで、胡同そのままの街並みに、カフェやらショップが軒を連ねています。

お土産物(中国雑貨)ショップARUYOは、現在、正式オープンに向けて着々と準備を進めており、行った際にも、業者の人が慌しく作業をしていました。
南鑼鼓巷 ARUYO お土産物ショップ1

まだ試営業中のため、陳列されている商品もまだまだ揃っていませんが、オリジナルアイテムをどんどん出していくとのことで、オープン後は、ARUYOだけの掘り出しアイテムを中心に、所狭しと並べられる予定です。

コンセプトは、中国在住の人には、どこにも売っていないお洒落な中国アイテムを。
旅行で来た人には、とりあえずここに来れば、お洒落なおみやげ物が揃えられる。

そんな、他には無いお洒落な中国雑貨のお店になるようです。

尚、立ち上げ中の様子その他、オーナーがブログを書かれています。
『北京に来たなら南鑼鼓巷へ行かなきゃ!』
参考にしてみて下さい。

≪お店情報≫
ARUYO(あるよ) ~Travel i Counter & Original Souvenir Shop~
住所:北京市東城区南鑼鼓巷44号
電話:010-6400-3383
時間:11:00-21:00
Web:http://www.aruyo.com.cn/

中国の雑貨ならこちら  ランキングはこちら


南鑼鼓巷は、ブラブラしているだけで楽しめるところです。
昨日は天気もよく、また、春節の名残も多少あって、ARUYO行った後に散歩しながら楽しんでしまいました。
          南鑼鼓巷 通り写真_1

これから更にお洒落さパワーアップしていくであろう南鑼鼓巷。
既に激戦区のようですが、ARUYOが南鑼鼓巷の中の人気ショップとして、発展して行ってくれることを期待したいと思います。


≪南鑼鼓巷 関連過去記事≫
北京でスイーツ杏仁豆腐と言えば「caffe il sole」 in 中国北京(2007.5.7)
 ※現在は移転しております。その後のcaffe il sole状況はこちら
北京土産でも喜ばれたTシャツ in 中国北京(2007.5.23)
楽天陶社(The Pottery Workshop)で景徳鎮アート in 中国北京(2007.7.28)



いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 

-------------------------------------------------------------------

 

[ 2008/02/24 22:22 ] 北京 買い物 | TB(2) | CM(4)


北京東三環路でクルマ炎上 in 中国北京

昨晩、会社からの帰りの23時過ぎのこと。

時間が時間なのにエライ混んでるなと思ったら、北京市を一周する外環道路の東三環路で、クルマが凄まじい煙を上げて炎上していました。

事故を起こしたとかではなく、単独で炎上しておりました。
北京東三環で事故1

燃えていたのはAUDI(奥迪) A6。ご存知のドイツ車です。

中国では日本以上に欧州車をよく目にしますが、同一の車でも二種類存在します。
中国産と外国産。

無論、中国国内で生産していない車種は、完全な輸入車になりますが、大半が中国にある生産工場で作られたもので、完全な輸入車は、金余りのお金持ちが、自己満足や見栄張るために、わざわざ高い関税分を払って乗っているぐらいでしょう。

中国での4年の生活で、車の炎上は三回目の目撃です。
ちなみに、日本その他で、過去に車の炎上など、事故以外では見たことがありません。

考えられる原因はいろいろあるのでしょうが、突如、クルマが炎上するなど、整備不良以外の何ものでもないでしょう。
それとも、欠陥車なのでしょうか。

嘘か真か、同じメーカのクルマでも、中国産と本国産では、品質含めて差があるようです。
例え7掛けぐらいのお値段で買えるとしても、中国産のAUDI(奥迪)その他、外国車には乗りたくないですね。。。

日本への本帰国の一番の楽しみは、車を買うこと。
次は何に乗ろうか、いまからワクワクしてきました。


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 



価格.com 自動車保険

-------------------------------------------------------------------

パート別旧車再生テクニック―すぐに使える裏ワザ500 (ヤエスメディアムック―レストア入門マニュアル (121)) 車を長持ちさせる実用洗車マニュアル 夢と感動の車社会「コバック・ウェイ」
パート別旧車再生テクニック―すぐに使える裏ワザ500
車を長持ちさせる実用洗車マニュアル
夢と感動の車社会「コバック・ウェイ」

[ 2008/02/23 16:16 ] 中国 生活 | TB(0) | CM(14)


春節最終日 祝元宵節愉快 in 中国北京

本日は、春節最後の一日でした。
(月初の年越しから、延々と本日まで続いておりました。)

って言いながら、会社の外でやかましく鳴り響く花火と爆竹の音、携帯にバンバン来る『祝元宵節愉快』のメールを見て、初めて今日がその日なのだと気がつきました
祝元宵節愉快1

そう言えば、会社のメンバーがそそくさと帰っていったのは、そういうことだったのかと、皆が帰って、だれも居なくなった静まり返った事務所で一人仕事しながら、非常に空しい気分でした。

本来なら、春節最後の本日は湯圓と言う、白玉団子みたいなのを食べるところですが、家に着いたら午前様寸前。
そんなもの食べる気にもなりませんでした。(ってか、ありませんでしたが。。。)

中国人にとっては、ようやく正月が終わったといったところだと思われます。
来週ぐらいからエンジン全開、仕事に奮闘するのでしょうか。

今回で4回目の中国の新年を迎えましたが、未だに、2月のこの正月のダラダラとした一ヶ月には慣れることが出来ません。
(今月は売り上げも激減するので、毎度参ってしまいます)

自分も素直に楽しめば(ダラダラすれば?)いいのに・・・と思いながらも、半月もダラケタラしてしまったら、容易に仕事に復帰出来なさそうで、少々怖いです。

日本人って、根が真面目すぎていけませんね。(って、ワタクシだけ??)

今週はいろいろあって疲れ果てました。
週末の楽しみを胸に、あと一日頑張りたいと思います。

祝元宵節快楽!!


≪中国正月関連過去記事≫
突然現れた縁日のような北京の出店 in 中国北京(2006.12.26)
中国北京で正月最後に餃子パーティー(前編)(2008.3.5)
中国北京で元宵節に花火・爆竹と湯園であったか(後編)(2007.3.6)
東郊市場で春節(旧正月)お飾り in 中国北京(2008.2.6)
年越し待てずに花火に爆竹 in 中国北京(2008.2.6)
中国新年カウントダウン&年越し祝う花火・爆竹 in 中国北京(2008.2.7)
北京で日の丸 in 中国北京(2008.2.8)
雍和宮(チベット仏教寺院)に初詣 in 中国北京(2008.2.9)
地壇公園の縁日に行く・・・ in 中国北京(2008.2.9)


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 



[ 2008/02/21 23:59 ] 中国 生活 | TB(0) | CM(1)


地瓜坊の焼き芋宅配サービス in 中国北京

ご近所Iさんが地瓜坊に注文されるとのことで、相乗りさせていただきました。
地瓜坊の宅配焼き芋1

地瓜坊、それは焼き芋屋です。
ただし、ただの焼き芋と侮る無かれ!これが、なかなかイケルのです!!

地瓜坊の焼き芋は、北京来た年の2004年(だったかな?)の冬に、前海・後海近辺をブラブラしていてたまたま食べたのが最初だったと記憶しています。

そんな地瓜坊は、焼き芋を配達してくれるとのこと。全く知りませんでした。
ってか、「ただの焼き芋と侮る無かれ!」と言っておきながら、地瓜坊の焼き芋の存在すら、記憶から消えておりました。w

一箱約1㌔。上の写真の、まるで靴箱のようなのが配送用の箱です。
大きな焼き芋4本位で、お値段10元/箱。
(お店で食べると2元/個だったかな。)

ワタクシの住むエリアには、最低発注個数が10箱からで配達してくれるようです。
ってことで、複数家族にて注文する必要がありますが、宅配してもらうだけの価値ありの焼き芋です。
地瓜坊の宅配焼き芋2

北京ではドラム缶で焼いた焼き芋がそこら中に売られていて、それはそれで美味しいのですが、ここ地瓜坊は屋台の焼き芋とは一線を画すお味です。

つまり、激ウマってことです。

ってことで、北京在住で焼き芋食べたくなった方、地瓜坊の宅配サービスをご利用されてはいかがでしょうか!

  
加賀野菜「五郎島金時」
炭火焼仕上げ!冷凍 焼きいもっ娘 4袋セット(2種類)
小ぶりな新鳴門金時5kgホクホクッあま~い♪【送料無料】


≪お店情報≫
住所:北京市東城区地安門東大街119-3号
電話:010-6407-8277

住所:北京市朝陽区安定路小関東街51号
電話:010-6444-2043
※上記以外にも、複数店舗あり


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 


[ 2008/02/19 08:08 ] 北京 食べる・飲む | TB(2) | CM(8)


中国中央電視台(CCTV)本社ビル(新社屋)の最近 in 中国北京

カメラ片手に、プラプラとお散歩に出かけてきました。

写真は中国中央電視台(CCTV)本社ビル(新社屋)。だいぶ仕上がってきましたね。
中国中央電視台(CCTV)本社ビル2008年2月

あれよあれよと仕上がってきた感じがしますが、他のビルと比べると構造が極めて複雑なのか、それとも、国家の威信に掛けた建物だけに、抜かることなく建設しているのか定かではありませんが、他の建物などと比べると、結構時間掛かってる感があります。

まぁ、その他が突貫工事過ぎるのかもしれませんが・・・。
左の写真が八ヵ月半前の状態で、右が完成イメージ。
中国中央電視台(CCTV)本社ビル半年前 中国中央電視台(CCTV)本社ビル完成写真

如何せん、中国中央電視台(CCTV)本社ビルの周りが、かなり高い塀で覆われてしまっているので、間近で見てもいまひとつイメージが湧きませんが、周りも一掃&整備されると、凄まさが感じれるのかもしれませんね。

≪中国中央電視台(CCTV)本社ビル関連過去記事はこちら≫
レム・コールハース(OMA)デザインのCCTV(中国中央電視台)本社新社屋 in 北京


こんな近代的な建物が立ち並ぶCBD地区は、どこぞの欧米先進国の近未来都市に来かたと思わせるほどの発展振りですが、現実を感じさせられるのが、共産主義国中国を感じさせる看板の数々。
中国中央電視台(CCTV)本社ビル2008年2月近辺看板

お国のためには一致団結・・・みたいな謳い文句はそこら中で目にします。
まぁ、このアンバランスさが楽しかったりもする訳ですが・・・。

中国中央電視台(CCTV)新社屋ビル完成は間もなく?
8億ドルの建設費を掛けたビルは如何に!!

電視文化センター(TVCC)含め、辺り一帯もどれほど変わるのか、今から楽しみです。


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 
[ 2008/02/17 20:20 ] 北京 街 | TB(2) | CM(4)


宅配(デリバリー)カレー専門店『OTAFUKU』食べてみました in 中国北京

中国といえば、想像以上に宅配(デリバリー)サービスが充実しています。
ほぼ全ての食べ物屋が、なんでも宅配してくれます。それも、一品十元程度(≒150円程度)でも対応してくれるから驚きです。

これも偏に、人件費の安さあってのことでしょう。

そんな中、日本人経営の宅配(デリバリー)カレー専門店『OTAFUKU』なるお店があります。
宅配(デリバリー)カレー専門店OTAFUKU

メニューは二種。お多福カレーにまぜカレー。
両方注文してみました。

写真ではいまひとつ美味しさ伝えられなさそうですが、なんと言うか、なかなか食べる機会の無い、日本人のための日本のカレーの味って感じで、懐かしいお味です!!
宅配(デリバリー)カレー専門店OTAFUKU 2

各カレーは20元(≒300円)。
そこに、トッピング一品10元(≒150円)を3つまで選択できるシステムです。
※お水つきでした

カレー本体20元に対して、トッピング10元ってのも、ちょっとアンバランスさを感じますが、この懐かしいお味を美味しく更に頂くには、欠かせないアイテムですね。

とは言え、会社では一食8元≒120円の弁当食べてるので、 トッピングチーズ>いつもの弁当 
と考えてしまうと、ちょっと複雑な感じもします。
※一食8元≒120円のお弁当に興味ある方はこちら / ランキングはこちら

カレー自体のお味ですが、お多福カレーは大満足。
まぜカレーは、ちょっと薄味の感があったため、手持ちのラッキョとウスターソースで美味しくいただきました。

尚、感心したというか、さすがは日本人管理の店だけあるなと思ったのが電話対応。

注文の際に日本語喋れない中国人スタッフの方に対応いただいたのですが、その後、日本人の方から確認とお礼のお電話をいただきました。

まぁ、ワタクシのぎこちない中国語がちゃんと通じていなかったのが原因なのでしょうが、
それであればこその、ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)な訳です。

上司に報告→確認の電話をする といった仕組みが構築されているところが、
先日の悲しいお店とは雲泥の差です。

 
えのちゃんのビーフカレー5個セット お肉屋さんがのカレー.
こてんぐ That's麺CAN カレーうどん


先日の注文時点ではプレオープン中とのことで、メニューも二つだけでしたが、今後はいろいろとバリエーション増やされるような話でしたので、今後に期待大です。


≪お店情報≫
宅配(デリバリー)カレー専門店『OTAFUKU』
電話:010-6461-5755
※日本人並びに日本語可能なスタッフの方が対応してくれます。


≪出前関連過去記事≫
それ食べるんですか? in 中国北京(2006.9.1)
中国の嬉しい出前サービス in 中国北京(2006.12.14)


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 



[ 2008/02/16 10:10 ] 北京 食べる・飲む | TB(0) | CM(7)


簡単 人気 写真プリンター比較  エプソン カラリオミーE-520

デジカメで写真撮るだけとって、一向に現像しなかったワタクシ。
普通のプリンタでプリントすれば良いだけなのですが、パソコンに保存して、プリンタの設定行ってプリントするのって、意外と面倒で。。。
一方、写真屋さんに現像に出しに行くのも手間なので、写真がパソコンに溜まっていく一方でした。

そんなこんなで、パソコン要らずで、デジカメのメディアを挿せばすぐに使える、お手軽簡単プリント用にエプソンのカラリオ ミーE-520を買ってみました。
エプソン簡単写真プリンタ カラリオ ミー E-520

このエプソン簡単写真プリンタ カラリオ ミー E-520、L判プリントに限定されますが、アルバムに入れるならL判でいいやと、思い切って買ってみた次第です。

で、これで十分満足でした。

【満足ポイント】
①パソコンを介さずお手軽
②デジカメからメディア引き抜いて挿すだけで、すぐにプリントできる
 →メディア挿して、写真選んで、ボタン押すだけでOK
③プリンタで明るさの補正が出来るので、ちょっと暗い(逆光)写真もお手軽修整
④写真にフレームやキャラクターを入れられるので、子供の大喜び


不満足ポイントは特にありませんが、強いて言うなら、液晶画面の大画面化と、メニューの改装一覧が見れればいいですね。
※液晶は大きくなれなるほどコストに響くので、3.6型液晶でこの値段ならお徳でしょう

購入にして4ヶ月になりますが、過去の写真などもプリントし、既に2000枚くらいプリントしてしまいました。

  EPSON カラリオ ミー E-520

■エプソン カラリオミーE520価格チェックE-520安値情報を見る

■カラリオミーE-520商品サイトはこちら

■ランキングはこちら


また、インクカートリッジ及び写真光沢L判も、200枚セットのお買い得パックを買っておけば、安心です。

また、大容量パックでは350毎ぐらいはプリントできるので、サードパーティー用紙でプリントすれば、一枚当たりのコストは、メーカー公表値の15.3円/毎(インク代・用紙代)から、更にランニングコストを落とすことが出来ます。

 EPSON(エプソン) プリンター用紙 写真用紙光沢L判 200枚

■写真用紙光沢L判 200枚価格チェック安値情報を見る

■ランキングはこちら


家でお手軽に写真プリント出来るようになったのはいいのですが、簡単すぎて、逆にプリントしすぎてしまうのが目下の悩みです。


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 



[ 2008/02/15 23:23 ] レビュー 電化製品 | TB(0) | CM(0)


仕事始めは八喜の抹茶アイスでブレイク in 中国北京

8日間の春節(旧正月)休暇も昨日で終了し、本日より仕事始めの中国です。
ってことで、今日から働き始めました。

と言っても、皆正月ボケしているのか、社内は全くパッとしません。
(有給休暇をこの長期休暇にくっつけているのか、出てきていない社員もチラホラ)
朝からだら~んとしたムードが、社内全体に漂っていました。

やる気の無いときの中国人って、ほんと仕事しない(って、わが社だけ?)です。
無言でパソコンに向かってると思ったら、必死でネットサーフィンしてたり、ボーっとしている者まで。

まぁ、お客さんや販売店が、まだ休みだったりするので、急ぎの仕事が少ないのは事実なのでしょうが、そんなんだったら休めばいいのにと思うのですが。。。

で、そんなお暇モードの時は、誰とも無くおやつを買いに行く輩が現れ、どっさりとお土産を買って来てくれます。

「ダーシーさん、アイス好きよね?」
と八喜の抹茶アイスを買って来てくれました。
八喜のアイス

この寒い中、冷たいアイスを食べるワタクシは、会社の人間からは、およそ理解されないようで、不思議がられます。
寒々しい外を見ながら、暖かい部屋で冷たいモノを口にする。
これほど美味しい物は無いと思うのはワタクシだけでしょうか。


おそらく今週一杯は、だら~っとしたムードが漂い続けることでしょう。
今週はワタクシも急ぎの用事少なそうなので、社内でヌクヌクと資料作成にでも勤しみたいと思います。

8日間のダラダラ生活で、体鈍ったせいか、一日会社に出ただけで妙に疲れました。
既に週末が待ち遠しい本日でした。

あと二日働けば休みだぁーーー!!
ってことで、明日も頑張ります。。。


≪アイス関連過去記事≫
3割近くのアイスは不合格 in 中国(2006.8.25)



いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 



[ 2008/02/13 23:23 ] 中国 生活 | TB(0) | CM(4)


カメラ城(北京撮影器材城)でレンズ物色 in 中国北京

通称『北京のカメラ城』と言われる北京撮影器材城に行ってきました。
北京カメラ城1

北京には、大きなカメラ城が二つあるようですが、そのうちの一つがこの北京撮影器材城。
北京地下鉄一号線の「五棵松駅」を少々北上したところにあります。
(北京オリンピックの野球会場の近くです)

カメラ城とは言うものの、売られているのはカメラやレンズばかりではなく、撮影機材全般が所狭しと売られておりました。
北京カメラ城5 北京カメラ城3

建屋の中は、大小様々なテナントが乱立しており、カメラ本体はもちろんのこと、撮影用の照明を専門にしているところもあれば、撮影幕ばかりのお店、はたまた、額縁専門店まで、撮影に関するモノは、全てここで揃うと言っても過言ではなさそうです。
北京カメラ城4 北京カメラ城6

中には中古カメラショップも多く有りましたが、タダでさえ信用の置けない中国において、中古品に手を出すほど怖いものはありません。
と言いながら、いいのがあったら買っちゃおうかと結構物色しましたが、程度の差こそあれ、その数はかなりのものでした。

こんな話をしてしまうと、これまた偽物カメラショップのように受け取られてしまいますが、カメラやレンズにおいては、正規代理店も多数あり、正真正銘の本物が手に入ります。
北京カメラ城7 北京カメラ城2

お値段は、小物ほど高く、高額商品ほど、価格コムの最安値レベルで購入できるようです。
今回はキヤノンEF28mm F1.8 USMを買おうと意気込んで行ったのですが、残念ながら、どの店にもありませんでした。
見た感じ、短焦点レンズのバリエーションは非常に少ないように感じました。

 キヤノンEF28mm F1.8 USM

来ている中国人は、おそらくお金にかなり余裕のある人が多いのでしょう。

若いカップルが、ワタクシの愛機のEOS 40Dでは足元にも及ばないようなカメラ本体+Lレンズ(総額70万円くらい)をポーンと買っていく様や、数十万円するレンズがポンポン売れていた様は圧巻でした。

ってことで、いつの日か、そんな大人買いが出来るように、明日から、また気持ち新たに頑張って働くことにします。
(明日から仕事だと思うと、かなりブルーになってきました。)


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 


[ 2008/02/12 10:10 ] 北京 スポット | TB(0) | CM(4)


焼肉 牛魔王(japanese yakiniku dining GYUMAOH)に行きましたが・・・ in 中国北京

9のつく日は全品半額!
ってことで、焼肉 牛魔王(japanese yakiniku dining GYUMAOH)に行ってきました。
焼肉 牛魔王(japanese yakiniku dining GYUMAOH)2

で、のっけからやられました。

早予約の際に、子供用の椅子の有無確認の上、三脚用意するように頼んでおいたのに、部屋に通されても何も準備されていない。
で、聞いてみたら「壊れてない!」とのこと。

次に出て来たちょっとお偉いさんなのか、日本語喋るスタッフに聞いたら、そんなに数がないとのこと。で「探してきます」と・・・。
更に出て来た日本人は、予約受付の際に、そんな話は聞いてないと意味不明な対応。

結局、一脚だけどこかで見つけてきたようで、出してくれました。

そりゃ、ワタクシの中国語のレベルはたいしたものじゃないですが、子供椅子の有無確認程度の会話で、通じなかったことは御座いません。
それも、日本人出てきて、開口一番「本日全品半額です!」って、そんなの知ってます!!

なんなんですかこの店は?

料理はいたって普通。サービスはもう一つ。
焼肉 牛魔王(japanese yakiniku dining GYUMAOH)1

のっけからこんなサービスレベルでは、話にもなりません。

このお店、ご存知の方も多いと思いますが、山葵屋の一階部分にあります。
以前は鍋料理を専門にしていたようですが、いつの間にか焼肉屋になっていました。

オープン当初の山葵屋は、食べ放題の中では非常にコストパフォーマンスに優れたお店だと何回か利用しましたが、行く度に、食べ放題で選べるメニューが制約され、内容がどんどんチープになっていったので、今では見向きもしなくなりました。

焼肉 牛魔王は、そんな山葵屋の系列店のようです。

≪お店情報≫
焼肉 牛魔王(japanese yakiniku dining GYUMAOH)
住所:北京市朝陽区新源里順源街45号
電話:010-6465-4058
※小さなお子様連れの方、子供用の椅子一脚しかないので要注意です!

≪北京の焼肉屋過去記事≫
中国北京で旨い焼肉屋『西万』で食す in 中国北京(2007.3.18)
焼肉籠屋八兵衛で焼肉 in 中国北京(2008.1.13)
焼肉松岡で三週連続焼肉 in 中国北京(2008.1.21)


結局、最初に表れた日本人は、それっきり姿を見せず、出だし最悪、最後も最悪な印象に終わりました。
ってことで、二階の山葵屋に続き、一階の焼肉 牛魔王も、半額でも二度と行きません。

久しぶりにやられました。
あ~、気分悪っ!!


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 
[ 2008/02/10 23:23 ] 北京 食べる・飲む | TB(0) | CM(4)


地壇公園の縁日に行く・・・ in 中国北京

チベット仏教寺院の雍和宮に行った後、地壇公園の縁日に行ってきました。
北京地壇公園の縁日に行くも・・・

地壇公園の縁日は2月6日から2月13日まで開催されています。

が、大きな問題がありました。
北京地壇公園の縁日

ってのも、人が多すぎて入り口にたどり着くのも一仕事。

でも、折角来たのだからと、雰囲気だけでも味わおうかとも思いましたが、入り口付近で出合った知り合いの方が、
「小さな子供連れの見学など絶対無理!」
とアドバイスをくれ、泣く泣く断念。

お知り合いの方、なんでも、とてもベビーカー押して進める状況ではなかったようで、断念して出てこられたところでした。

「輪投げしたり、甘いもの買って・・・」なんて目論んでいましたが、押し合い圧し合いで怪我したりモノ掏られたりってのもねぇ。。。
まぁ、ここだけが目的ではなく、雍和宮での初詣とセットで来たので、諦めもつきました。

そんな中、案の定、立ちの悪い中国人に押されてカチーン。
久しぶりにボルテージ上がりました。

ふてぶてしい中国人の輩に腹が立ち、彼の行く先さえぎって仁王立ち。
いつでも反撃出来るように、抱いていた子供を左手に持ち替えて臨戦態勢整え、しばしのにらみ合い。
あまりに腹が立ったので、思わず相手の胸をドンッと押してしまい、一瞬ヤバイと思いましたが、相手の奥さん出て来て仲裁されてすんなり終わり。

相手がちょっとでも反撃してきてたら、ドツいちゃうところでした。
ここ中国では、とっさの一発が意外に高いと聞きますので、危ないところでした。
ここは異国の地中国。

軽はずみな行動には気を付けねばと思った、地壇公園縁日入り口付近での出来事でした。
奥さんありがとねぇ~!!


≪関連記事≫
雍和宮(チベット仏教寺院)に初詣 in 中国北京(2008.2.9)



いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 



-------------------------------------------------------------------

縁日お散歩図鑑 懐かしの縁日大図鑑 (らんぷの本)
縁日お散歩図鑑
懐かしの縁日大図鑑 (らんぷの本)

[ 2008/02/09 23:23 ] 中国 生活 | TB(2) | CM(12)


雍和宮(チベット仏教寺院)に初詣 in 中国北京

北京ではチベット仏教(ラマ教)最大の寺院といわれる雍和宮に、初詣に行ってきました。

って、誰しも考えることは同じですね。凄い人・人・人でした。
チベット寺院(ラマ教)雍和宮1

ここ雍和宮、文明が交錯するチベット寺院だけあって、漢語、チベット語、モンゴル語、満州語の4言語が併記されています。
チベット寺院(ラマ教)雍和宮5

中国人の祈ってる姿ってあまり見たこと無かったですが、信仰深い大勢の方々が長いお線香を持って祈っておられました。
チベット寺院(ラマ教)雍和宮4

チベット建築の色鮮やかさが印象的でした。
チベット寺院(ラマ教)雍和宮3

建物内は撮影禁止だったようで、えらい怒られてしまいました。
          チベット寺院(ラマ教)雍和宮6

どこから来られた方分かりませんが、笑顔が素敵で写真撮らせてもらいました。
チベット寺院(ラマ教)雍和宮7

周りの人を見よう見真似でクルクルまわして、お祈りしてきました。
          チベット寺院(ラマ教)雍和宮8


お線香の煙を全身に浴び、一年の悪事?を洗い落とし、清められた気分です。
ちょっと人が多すぎたのが難点でしたが、だからこその雰囲気も味わえ、なかなか良かったです。

≪場所情報≫
チベット寺院(ラマ教)雍和宮(地下鉄 雍和宮駅降りてすぐ)
住所:北京市東城区雍和宮大街12号
時間:09:00-16:30
料金:25元

いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 

 
健康になるチベット体操
マンダラ絨毯

-------------------------------------------------------------------

ダライ・ラマ自伝 (文春文庫) チベット寺院・建築巡礼 D03 地球の歩き方 北京・天津 2007~2008 (地球の歩き方 D 3)
ダライ・ラマ自伝 (文春文庫)
チベット寺院・建築巡礼
地球の歩き方 北京・天津 2007~2008


北京で日の丸 in 中国北京

正月ムード一杯の中国では、どこに行っても中国国旗ばかりが目に付きますが、嬉しいことに街中で日の丸を目にしました。
北京で日の丸

と言っても、日の丸が掲揚されていたわけではなく、駐在大使の車ではためく日の丸。
それも、中国では公用車でしか目にしたことのない黒塗りのトヨタ センチュリーが日の丸つけて、威風堂々と走っておりました。

日本に居ればなんとも思わない日の丸も、異国の地で見ると嬉しくなり、また、不思議なことに誇らしくも感じてしまいます。
場所が中国ってのも、ことさらそう思わせてくれる理由なのかもしれません。

それにしても、どこもかしこも中国国旗ばかりです。
はためく中国国旗

中国居て思うのは、正月のような国民の休日や国を挙げてのイベントごと、海外で槍玉に上がった際など、中国政府が主導(煽っている)でしている節は多分にあるのでしょうが、国民の結束力と言うか、愛国心みたいなものの凄まじさを感じます。

そのような状況を見ると、ワタクシ自身もそうですが、日本人の国家に対する関心の無さや、いつ何時もほほんとして緊張感の無い日本ってなんなのかと疑問を持ってしまいます。

決して左向きな思想になる必要はありませんが、以前に紹介した『日本人としてこれだけは知っておきたいこと 』みたいな本から学べることも多少はあるでしょうし、何よりも、もう少し自国に対する関心を持つ教育の重要性や必要性を感じてしまいます。
(教育現場の人間が、日の丸嫌だ!君が代歌いたくない!と言っる場合では御座いません)


  
国旗セット
1996年に海外で発売されたモデルの復刻2004年に記念で発売された日本国旗カラー
中国国旗 【120cm×180cm】


日本人にとって自国日本ってなんなのでしょう。日本人の誇りってなんなのでしょうか。
良い歳してなんですが、疑問は積もるばかりです。

とりあえず、日本万歳!!


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 

-------------------------------------------------------------------

愛国者の座標軸 希望は生徒―家庭科の先生と日の丸・君が代 知っていますか?君が代・日の丸一問一答
愛国者の座標軸
希望は生徒―家庭科の先生と日の丸・君が代
知っていますか?君が代・日の丸一問一答
[ 2008/02/08 15:15 ] 中国 生活 | TB(0) | CM(5)


中国新年カウントダウン&年越し祝う花火・爆竹 in 中国北京

新年好!!
中国も新年を迎えました。

今年の中国カウントダウン・年越しは、家で優雅に花火を見ながら過ごしました。
中国カウントダウンと新年花火1

中国の新年は今回で二回目ですが、日本には無いこの騒がしいカウントダウンは、なかなか経験の出来ない貴重な体験です。

見渡す限りの花火の嵐は圧巻で、至るところで花火や爆竹を鳴らすので、一瞬にして街中煙が立ち込めて、見る見る視界が白くなって行きます。
中国カウントダウンと新年花火3

マンションの近くでもひっきりなしに花火が上がっており、眼下に広がる花火もなかなか乙なものですね。
中国カウントダウンと新年花火4

時々、窓の高さまで花火が上がって来て、窓一杯に広がるため、自分のために花火上げてくれているような錯覚を起こしてしまいます。
中国カウントダウンと新年花火6

もっと凄い写真を撮ってやろうと窓開けて撮影していたら、目の前でば~ん!
火の粉が飛んできて、焦ってカメラ落としそうになりました。

犯人は彼らです。。。
中国カウントダウンと新年花火5

た~まや~!と優雅に過ごしていたのに、一瞬で現実に引き戻されてしまいました。

ただいま、午前3時前。外ではまだまだ盛り上がっています。
夜は全く更けて行きません・・・。


≪中国正月関連過去記事≫
突然現れた縁日のような北京の出店 in 中国北京(2006.12.26)
中国北京で正月最後に餃子パーティー(前編)(2008.3.5)
中国北京で元宵節に花火・爆竹と湯園であったか(後編)(2007.3.6)
東郊市場で春節(旧正月)お飾り in 中国北京(2008.2.6)
年越し待てずに花火に爆竹 in 中国北京(2008.2.6)


この光景を見るのも、今回で最後になるかもしれません。
二回も見れたので、もう心残りないっす!!
春節快楽!!

ランキングはこちら


中国春節 中国のお正月風景 中国春節 中国のお正月風景


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 

[ 2008/02/07 03:56 ] 中国 生活 | TB(2) | CM(8)


年越し待てずに花火に爆竹 in 中国北京

年越し前から花火に爆竹で賑わっている中国です。

中国の年越しと言えば、花火に爆竹。
街のあちこちで花火・爆竹が売られていて、今日は年越しを待ちきれない輩が、昼からあちこちでバンバンやってましたが、この時間になって、激しさが増してきました。
年越し前から花火に爆竹1

マンションの裏でも、例に漏れずバンバンやってくれているので、真近で見たくて写真撮りがてら見に行ってしまいました。

爆竹は数百連発のものもあり、辺り一面煙に包まれる程です。
年越し前から花火に爆竹2

花火をやっているのは、全く広くない車道。
周りにはマンションが立ち並んでいますが、お構い無しです。
          年越し前から花火に爆竹5

花火の火の粉がマンションに当たっていますが、全く問題ではありません。
なって言ったって、年に一度の年越しイベントですから。
年越し前から花火に爆竹3

日本では普通に売っていないような巨大な花火も売っており、凄まじい爆音と共に、辺りを昼間のように明るくしてくれます。
          
年越しの0時に向けて激しさを増していく花火と爆竹。
今年は、マンションから眼下に広がる花火を楽しむことにします。

≪中国正月関連過去記事≫
突然現れた縁日のような北京の出店 in 中国北京(2006.12.26)
中国北京で正月最後に餃子パーティー(前編)(2008.3.5)
中国北京で元宵節に花火・爆竹と湯園であったか(後編)(2007.3.6)
東郊市場で春節(旧正月)お飾り in 中国北京(2008.2.6)

今年二回目の2008年を間もなく迎えます。
年に二回新年を迎えられるのも、中国ならではです。

ランキングはこちら



いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 
[ 2008/02/06 22:22 ] 中国 生活 | TB(1) | CM(0)


東郊市場で春節(旧正月)お飾り in 中国北京

中国の大晦日の本日、東郊市場に行って来ました。

東郊市場1

正月前だけあってか、巨大な昇りが多数。
         東郊市場7

通りは人・自転車・車が入り乱れ、前に進めないほどの混雑振りでした。
東郊市場2

この時期、売っているものはお正月用に必要なものばかり。
強いては、おめでたい赤色一色でした。
東郊市場3

日本で言えばしめ縄のようなしめ飾りに相当する正月グッツが、この赤い飾り物です。
東郊市場4

また、飾り物だけではなく、正月に食べるお菓子(って言っても、ヒマワリの種などは年中食べられていますが)も、最終日だけに大奮発されていました。
東郊市場5

氷点下の寒空の下、作りたての栗が美味しそうな甘い匂いをあたり一面に漂わせていました。
東郊市場6

外では早くも、花火に爆竹が鳴り始めました。
賑やかな騒がしい中国の年越しまであと少しの北京です。

  
春節(旧正月)飾り
[アジアン雑貨偏西風]賀紙(長方形)
中国雑貨・春節(旧正月)用お飾り


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 


新札連番100元札人民元紙幣を見て気が付いたこと in 中国

出張何回分かの経費精算をしたら、見事なまでの連番100人民元札でした。
連番100元札紙幣1

久しぶりに見る中国紙幣の新札は、あまりにも綺麗で、且つ、パリッっと過ぎいるので、思わず「偽札か?」と疑ってみたくなりました。
実際に使ってないので真贋の程はよく分かりませんが、会社から受け取ったお金が偽札だったら、たまったものじゃありません。

しかし、過去にネタにした『偽札支給されて激怒する労働者』みたいなこともある訳ですし、中国は怖い世界です。

ここまで纏まった新札を手にしたのは初めてなのですが、上記写真のように並べていて気が付いたことがありました。
連番100元札紙幣2

縦に伸びるホログラムの線。(実際には、ホログラムは裏側ですね)
紙幣によってマークの位置が違うんですね。
って、以前から気付いていましたが、紙幣ロットによるばらつきなのだと、勝手に理解していました。
しかし、連番で位置ズレがあるってことは、中国ほどの大国がこのご時世、ほんなポカミスするほどの低レベルな印刷技術しか持ちえていないとも思えず、意図的やっているのでしょう。

では、このホログラムの位置ズラし、いったいどんな意図があるのでしょうか?
この謎をご存知の方、是非教えて下さいませ!!

≪お札関連過去記事≫
騙し合いの中国はイヤだ!偽札支給されて激怒する労働者 in 中国(2007.5.12)
偽100元札の見分け方 in 中国(2007.9.7)

ちなみに、中国来てからの4年間で、初めてお札の向きをビシッと揃えて渡されました。
決して、神経質な性格ではないと思っていますが、嫌なんですよね、お札の表裏逆向きと逆さま。。。
ちなみに、お札の向きが揃っている人は、お金持ちになれるようですよ!

 お金持ちは、お札の向きがそろっている。

日本って、誰に言われるわけでもないのに、人にお金渡すときは向き方向を揃えますが、あれっていったい、誰に教えられたのでしょうか。。。
やはり、日本人は几帳面で律儀な人種なんでしょうね。

せっかくの新札なので、結婚式その他ご祝儀用に取って置こうと思います。
(偽札だったら取り返しがつかなくなります・・・)


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 







-------------------------------------------------------------------

お札DEおりがみ2 公式「ターバン野口ファミリー」のつくりかた 贋札(ニセサツ)の世界史 (生活人新書) 紙幣の博物誌
お札DEおりがみ2 公式「ターバン野口ファミリー」のつくりかた
贋札(ニセサツ)の世界史 (生活人新書)
紙幣の博物誌
 
[ 2008/02/05 23:23 ] 中国 生活 | TB(0) | CM(2)


中国人マネジメント・コーチング術メルマガのご紹介 in 中国北京

中国人マネジメント・コーチング術を教えてくれるメルマガのご紹介です。

【女子アナの中国人マネジメント術@北京】
中国人マネジメント・コーチング 女子アナの中国人マネジメント術@北京 メルマガ

※上記クリックで登録画面に入れます

このメルマガ、その名の通り、中国人をマネジメント・コーチングするためのメルマガなのですが、過去に何度かご紹介している、元NHK国際放送局キャスターで、実際に北京にて人材トレーナーを仕事にされている方が発行しておられます。
※関連の過去記事はこちら / / /

現に、ワタクシも4年ほど中国ビジネスに関わっておりますが、文化の壁、中国独特な商習慣、我々とは表裏一体ともとれない程に乖離した中国人のモノの考え方等、中国に仕事で来てまず初めに困るのが、この手の同僚・部下とのコミュニケーション、マネジメント管理の方法です。

確かに、世の中には、山ほど中国関連著書はあり、本を数冊読めば、イメージでの中国ビジネスは見えますが、実際にマネジメントするとなると、抽象的にしか伝えてくれない本からでは、なかなか実行レベルまでには至りません。

そんな中、著者が実際に北京でビジネスをする上において、身を持って体験・困惑している事実を元に、その内容を検証し、最善と思われる方法をアドバイスしてくれる当メルマガの内容は、中国初心者はおろか、数年在住されている方でも、新しい発見があって、OJTその他に活用できることでしょう。

過去には、以下のような内容が発行されています。

・どうやって中国人に日本式ビジネスを理解させるか?
・ウチの通訳はなぜ使えない?
・褒められたがりの中国人
・叱られ下手な中国人


そう、中国でお仕事されている方には、少なからず思い当たる節があるはずです。
(中国人以外でも、外国人を部下に持たれる方であれば、参考になるはずです)

中国人の方を部下に持っている居ないに関わらず、中国人一緒にビジネスする上においては、必ずぶつかる壁や悩みが目白押しです。

無論、登録無料のメルマガですので、ちょっとでも思い当たる節のある方、必見です!!

メルマガ【女子アナの中国人マネジメント術@北京】への登録はこちら
ランキングはこちら


企業内人材育成入門 スタッフの夢とやる気に火をつける! てっぺん!の朝礼 「依存する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか 中国人をやる気にさせる人材マネジメント
企業内人材育成入門
スタッフの夢とやる気に火をつける! てっぺん!の朝礼
「依存する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか
中国人をやる気にさせる人材マネジメント



いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 

[ 2008/02/04 23:23 ] 北京 学ぶ | TB(0) | CM(4)


海外でも節分 太巻(恵方巻)と豆まき in 中国北京

中国北京で節分 太巻 豆まき

意外にも古風な考えを持つワタクシ、海外に居ても日本の文化を徹底しています。
ってことで節分の本日、今年の方角である南南東を向いて願い事を胸に、太巻(恵方巻)にかぶりつきました。

太巻(恵方巻)き食べた後は、「鬼は外、福は内」と鬼退治の豆まき。
我が家の前を通った中国人は、なにを騒いでいるのかと不思議だったことでしょう。

しかし、お父さん業も大変ですね。
豆投げつけられて、「あいたたたっ。。。」と鬼に扮して演じる自分。
こんな姿は、決して同僚(特に部下)には見られたくないものです

 
強いぞ赤鬼DX
着ぐるみ 赤鬼
ランキングはこちら


一通り終わった後に、近所の子供の友達が鬼に扮して遊びに来てくれました。
ひょっとして、と言うか、絶対、日本に居るより日本っぽい節分行事を行った本日でした。

ワタクシ、明日で仕事納め。
ってのも、日本の暦上での年末年始休暇はほとんどなかったため、明後日から、ちょっと遅めの正月休暇です。

今晩から、正月気分盛り上げて行きたいと思います。



いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 



[ 2008/02/03 22:22 ] 中国 生活 | TB(0) | CM(4)


鳥小屋食堂(焼き鳥酒場)でモツ鍋 忘年会+新年会 in 中国北京

公私共々仲良くしていただいている、ある種同業の方々+お客様と、焼き鳥酒場 鳥小屋食堂で忘年会+新年会にモツ鍋をいただいてきました。

旧鳥小屋より鳥小屋居酒屋になってから、めっきりご無沙汰しておりましたが、
「寒いこの季節は、やっぱり鍋でしょ!」ってことで、モツに格別の拘りを持つ、鳥小屋食堂に行ってみた次第です。

久しぶりに食べたモツ鍋は、かつて鳥小屋のモツ鍋からは大分バージョーンアップしていました。
その名も、黒毛牛のモツ鍋
鳥小屋食堂 焼き鳥酒場2

ここ鳥小屋食堂では、味噌ベースのモツ鍋は初めての食べましたが、ダシをとってじっくり煮込まれた味噌スープと、新鮮で大振りなモツが相まって、食べて善し、飲んで善し、匂い善しと、三拍子揃った絶品のお味でした。
先日上海にて食べたもつ匠のモツ鍋は、これはこれで、あっさり目で美味しかったのですが、北の大地の寒いこの季節には、このコッテリの方がしっくりきます。
(故に、体重が増え続けております・・・)

あまりに美味しくて、お客さんと一緒なのも忘れて、ガツガツ食べてしまいました。
(加えて、同じ鍋二回注文してしまいました)

今回は鍋メインにしてしまったので、横で美味しそうに仕込まれていたおでんはお預けになってしまいましたが、未だ食べたことが無く、次回食べるのが楽しみです。

尚、この鳥小屋食堂(焼き鳥酒場)は、味も然ることながら、お店の雰囲気、特に店員さんに惚れて訪れるリピーターが多く、最近はめっきりご無沙汰しておりましたが、ワタクシも、そのリピーターのうちの一人です。

「オカン、大盛りで頼むでぇーー!」
「おぅよ、ダーシー任しときーー!」
と、まるで京橋で飲んでるかのような雰囲気で対応してくれます。

いつもサービスしてくれているので、普通の量との差がよく分かりませんが、正直なところどれ程大盛りにしてくれるかなど、どうでもよく、このやり取りが出来て、心持ちサービスしてくれる、その心意気が良いのです。
(しつこい程の駄洒落と、同じ話を延々と聞かされる場合もありますが・・・)

そんな焼き鳥酒場 鳥小屋食堂は、北京では例をみないアットホームな居酒屋であり、身近にこのようなお店があることは、異国の地で寂しい思いをしている駐在員にとっては、無くてはならない存在です。

お店では、TTコンビのこの二人が、ちょっと不器用な笑顔で暖かく迎えてくれます。
鳥小屋食堂 焼き鳥酒場


≪お店情報≫ 
焼き鳥酒場 鳥小屋食堂
住所:北京市朝陽区女人街星吧路内
電話:010-6460-3130
携帯:13520252471(写真左のともちゃん携帯)
※この春節中は、2/6-2/10がお休みのようです
ランキングはこちら


≪鍋関連過去記事≫
ベンツ火鍋を楽しむ in 中国北京(2006.10.15)
近頃火鍋が危険らしい。。。in 中国(2007.1.18)
大連の美味い韓国料理屋『特別特石鍋飯』 in 中国大連(2007.2.6)
中国天津で北朝鮮料理『平壌館』 in 中国天津(2007.4.9)
金山城(重慶料理@火鍋)でプチブロガー会 in 中国北京(2007.6.11)
皇城老媽の麻辣火鍋を食す in 中国北京(2007.11.13)
東北菜(東北料理)酸菜鍋にハマリ中 in 中国大連(2008.1.23)
モツ鍋のもつ匠 in 中国上海(2008.1.24)


いやぁー、お世辞抜きにマジで美味しかったです。
帰国までにあと何回行けるか分かりませんが、次回も大盛りで頼みまっせぇ~!!


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 

-------------------------------------------------------------------

有元葉子の無水鍋料理 鍋奉行になる (オレンジページブックス―男子厨房に入る) お鍋でフランス料理―ビストロの味、田舎の味
有元葉子の無水鍋料理
鍋奉行になる (男子厨房に入る)
お鍋でフランス料理―ビストロの味、田舎の味

[ 2008/02/02 22:22 ] 北京 食べる・飲む | TB(0) | CM(4)


衛生食器セットにみる中国人と中国社会 in 中国

中国産餃子の食中毒事件が、日本を賑わしているようですね。

中国の食の安全問題は、ダンボール肉まんといい、最近になってお騒がせしておりますが、過去にここまで大騒ぎしていた記憶がありません。

これも、マスコミが視聴率を稼げると、こぞって報道しているからのような気がしてなりません。
最近になって取り立たされるようになっただけで、過去にも同様の事例が多分にあったのに、一般に知らされていなかっただけのような気がするのはワタクシだけでしょうか。

さてさて、まいどお騒がせの中国ですが、こと衛生面に関しては、中国人も関心が高くなって来ているようで、レストランによっては、このような殺菌消毒された衛生食器なるものが多くなってきたように感じます。
衛生食事セット

この衛生食器セット、お皿にコップ、湯飲みに蓮華と小鉢が殺菌消毒されてパック化されているものですが、中国ならではだと思うのは、パックされているまま食卓に運ばれてくること。

日本でしたら、このままで出す方が逆に怪しまれそうなものですが、中国では、パック化されたまま提供することによって、衛生管理面に気をつけているとのアピールもあり、また、他店との差別化要因にもなるようです。

現に、ローカルスタッフも「この店は、衛生管理に気を使っていて安心だ!」と言っておりました。
確かに、ワタクシも、この状態で提供してもらえると、なぜかちょっと安心し、店の評価を上げてしまいます。

お店としては、食器洗いの手間の部分を業者任せにすることで、一石二鳥の部分があることも事実でしょう。

しかしながら感じるのは、日本ではある程度、性善説に基づいて相手を判断する一方、中国では、完全に性悪説に基づいてしまっているため、基本的に、相手を信用するといった観点が欠落してしまっていること。

このような中国社会だからこそ、この手の商売が成り立つのでしょうが、日本ではこんなサービスは発展して欲しくないと、節に願ってしまいます。

危ない中国 点撃! 福島香織の「北京趣聞博客」 危ない中国 点撃! 福島香織の「北京趣聞博客」



そんな中国も、人々のモラルは目に見えるスピードで向上しているようにも感じます。
今日もタクシーに乗っていたら、割り込んできた車の運転手がタクシー運転手に向かって、片手上げて軽いお礼をしているのを見たり、エレベータで乗り降りする双方が殺到してごった返している中、一人、片手でドアの閉まるのを押さえている人がいたり等、衣食足りて礼節を知る(でしたっけ?)じゃないですけど、感度の高い中国人が増えて来ています。

まだまだモラル不足の面が目立つ中国ですが、その反面、衛生面への配慮や、気遣いや心配りの文化が発展していることは、住む者にとっては嬉しい限りです。

加油(頑張れ)中国!!



いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 





[ 2008/02/01 08:08 ] 中国 中国人の感覚 | TB(0) | CM(7)


訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 ≪│2008/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング