FC2ブログ

日本 帰省2009 北京のダーシー九州福岡をゆく!ブログ(Blog)

6年間の中国北京での海外駐在員生活を終えて福岡での生活がスタート。福岡転勤生活事情やラーメン屋情報などをお届け!

ホーム > カテゴリー - 日本 帰省2009

日本の変な英語?<交番 KOBAN>

先日、日本に帰って時にふと感じたこと。
交番 KOBANって、変じゃないですか?
交番 KOBAN 日本の変な英語

中国にも多分にある、ガイジンには理解できない英語もどき。
KOBANと書かれていても、英語じゃないので分からないわけですよね?

なんのための、アルファベット表記なのでしょう?
漢字が読めない日本人のための振り仮名ならぬ、振りアルファベット?
いやいやそうじゃないですよね。

なんとなく、アルファベット表記を加えてしまったのでしょうが、目的が全く分かりません。
これって、ちょっと前までは北京でもかなりあったことで、漢字表記に加えてピンインが振られている看板と同じだなと、、、。
看板2

北京オリンピックを境に、北京市内の道路表札はほとんどが置き換えられましたけど、ちょっと郊外に行けば未だにほとんどが、目的が分からないピンイン表記はまだまだ見ることが出来ます。   中国のピンイン表記はこちら

ピンインが読めないと、意味不明な訳ですが、なぜか、道路標識などにはセットで書かれているんですよね。
中国人って感覚おかしいなぁと思ってましたが、交番 KOBANも同じレベルですね。

 日本語でどづぞ

といいつつ調べてみたら、Wikiでは以下の説明がありました。

交番(こうばん、KOBAN)は日本の警察が設置している施設で、市街地の各所に設けられた警察官の詰め所のこと。もともと交番所の略称だが、現在では正式に「交番」(KOBAN)に決定した国際補助語である。通常は警察署の地域課の警察官が勤務している。英語に訳せばポリスボックス(police box)だが、英語圏のポリスボックスと日本の交番は異なるとの考えからそのままコーバン(Koban)とされることもある。 無線などの連絡では「PB」と呼ばれている。

意味がよく分かりませんが、まぁそういうことらしいです。
交番 KOBANの表記、意味ないと思うのですが、、、。

≪間違い表記・看板関連過去記事≫
看板のピンイン表記って何のため・・・?
中国山東航空の変な安全ガイド(しおり)
中国ではオナラはマナー(エチケット)違反! in 中国
惜しい折りたたみ自転車『うんどう』 in 中国北京
パッケージ日本語表記の謎 in 中国北京
誤訳だらけの看板 in 中国各地
新しい都市交通公共標識 in 中国北京

楽天(Rakuten)今週の売れ筋ランキング
人気ランキングはこちら
   
交番日誌 / 中川由唯
駆けこみ交番
帰ってきた時効警察 DVD-BOX
外国語を身につけるための日本語レッスン


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 

【北京生活情報・北京駐在生活日記】
北京のダーシーって誰よ!ブログ(Blog)
http://daxi.blog55.fc2.com
スポンサーサイト



[ 2009/08/28 23:23 ] 日本 帰省2009 | TB(0) | CM(12)


日本出張 ビジネスホテル in 京都

久しぶりに日本出張です。

ビジネスホテルに泊まっているのですが、想像はしてたものの、ドアを開けてビックリ。
な・なんですか、この狭さは!
日本出張 ビジネスホテル1

って言ってしまうと「いつもどんなとこ泊まってるねん!」ってことになってしまいますが、海外に住んでると、日本のビジネスホテルのようなホテルに泊まることは無く、狭くても30-40㎡ぐらいの部屋に泊まっているので、分かっていながら、改めてこの狭さには驚かされてしまいます。

デスクとは名ばかりの、化粧台に毛の生えたようなスペースに、テレビまで置かれてしまっていて、絶句してしまいます。
日本出張 ビジネスホテル3 日本出張 ビジネスホテル2

また、ベッドの頭のところには、ラジオに空調調整スイッチ、時計までくっついていて、集約しすぎだなと。。。よく言えば機能的なのでしょうが、、、

こんな部屋で7,000円弱(500元)もしちゃうから、やはり日本の物価の高さには、中国の生活水準に慣れてしまったワタクシには、異常な高さに感じてしまいます。

中国だったら500元も出せば、キングサイズのベッドに、書斎机、壁には40インチ以上の薄型テレビが備え付けられた、それはそれは立派な部屋に泊まれててしまいますからねぇ。。。

ただ、さすがは日本と感心したのが、ネットの速さ。
サクサク展開してくれるネットの速さは、やはりいいですね。
さすがは、何でもかんでも規制されている中国とは違い、自由を感じました。

と、なんでも中国と比較してしまうワタクシ。
帰ってくる度に、本帰国した後に社会復帰できるのか不安になってしまいます。

人気ランキングはこちら

楽天(Rakuten)今週の売れ筋ランキング


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 




【北京生活情報・北京駐在生活日記】
北京のダーシーって誰よ!ブログ(Blog)
http://daxi.blog55.fc2.com
[ 2009/06/17 08:08 ] 日本 帰省2009 | TB(0) | CM(2)


我が家の正月 頭芋の京風お雑煮etc食の苦行 in 日本

正月ネタ引っ張ります。

2007正月ネタでも書きましたが、我が家には、正月早々、それはそれは辛い仕来たり(慣例?苦行?)があります。
それは、正月早々から頭芋の京風お雑煮を食べさせられることです。
頭芋の京風お雑煮1

でーんと鎮座しているのは、京風お雑煮で使われる頭芋(カシライモ)。
タバコのサイズと比較してもらえれば一目瞭然、ばかデカイのです。

なんでも、この頭芋を食べることで将来出世できるようになるとの言い伝えがあるようですが、我が家の主ではないでもない嫁(と、信じている)も容赦なく食べさせられます。

これが正月早々辛いのです。まさに苦行です。
すきっ腹だったらまだしも、大晦日には寝てる者を起こしてまで夜中に年越しソバを食べさせられるので、たまったものではありません。

縁起が良いとされる、との芋の頭芋(かしらいも)1kg

ランキングはこちら

加えて、これとは別に、同じ白みそベースでノーマルサイズのイモにお餅入りの普通のお雑煮も出てくるので、それはそれは辛い一年の始まりなのです。
(頭芋を抜いただけの写真ではなく、本当にダブルで出てくるのです)

年越しソバも、遊びに行ってて家で食べないものなら、お節食う前に年越しそばからスタートさせられます。
なので、どんなに遅く帰ろうとも、正月の苦行の前に平らげておかなければ、お節にはありつけない結果に陥ります。
頭芋の京風お雑煮2 年越しソバ

昔から、お節をガツガツ食べれないように、あえて雑煮で腹いっぱいにさせられてるのではと疑っていますが、オヤジ曰く「京都ではみなこれを食べて一年をスタートするんや!」と言って、聞く耳を持ってくれません。

で、恒例のお節となる訳ですが、お腹いっぱいにも関わらず、ハメられているようで悔しいので食べまくります。

昼は蟹に生牡蠣でした。

オヤジの後輩が、毎年デカイのを数杯送ってきてくれるのですが、不景気のせいか、少々小ぶりでしたが美味しくいただきました。
蟹

牡蠣はこれまた広島の知り合いからの贈り物で、バカでかいのを30個くらい贈ってもらい、これまた美味しく頂きましたが、食べ切れず。。。
生牡蠣

で、夜は肉です。正月から、すき焼きに焼き肉で精力をつけます。

ガキンチョの成長に伴い、食べる量が増えていくのは自然の摂理な訳ですが、旨いものだからバカ食いしてくれると思いこみ、すっかりご機嫌になり、毎年肉の質も格段に上がりつづけ、今年も特上近江牛&松坂牛でした。
肉

「病気して医療費掛るんやったら、エエもん食って元気に過ごせ!」
がオヤジの口癖。逆に痛風になって出費がかさみそうです。
中国だったら、この肉100gで一家で食事が出来そうな値段のようですが、食い物に拘るオヤジはお構いなしです。

ランキングはこちら

お雑煮こそ元日だけですが、一年元気に頑張れるようにと、縁起物その他、日ごろ食べないようなモノを朝昼晩、三が日食べ続けます。
そして、正月早々激太りします。

元気な親がいてくれてこそのことで、ありがたい話ですが、中国に帰って来てからガキンチョが「この肉固い!」と、食が細くなるのが悩みの種です。

食っちゃ寝食っちゃ寝の年末年始でしたが、久しぶりに懐かしい我が家の苦行も味わい、元気に一年頑張れそうです。

とりあえず、太った分そぎ落とそうと思う、年初めの一週間です。


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 






北京のダーシーって誰よ!ブログ(Blog)
http://daxi.blog55.fc2.com
[ 2009/01/03 03:03 ] 日本 帰省2009 | TB(0) | CM(0)


美濃吉のおせち料理注文 in 日本

結構しきたりを重んじるというか、和なワタクシ。
旅行中は別にし、正月はどこに居てもおせち料理が欠かせません。

で、今回は久しぶりに日本で年末年始を迎え、実家で用意してもらったおせち料理。
今回は美濃吉のお節でした。
絶品だった美濃吉のお節料理1

我が家のお節は完全注文派。
年の初めぐらいはリッチにスタートしようと、たががお節。されどお節を大枚はたいて注文するのですが、実家では、自分で注文するより数段上のお節を味わうことができるので、実家での年末年始はお節が楽しみの一つです。

和洋折衷のお節だったり、和洋中のお節だったり、毎年志向を変えてみては楽しむのが常で、今回は完全和テイストでした。
2007年の日本のお節はハズレだったことを、ブログを見返してみて思い出しましたが、今回は当たり。
絶品だった美濃吉のお節料理5 絶品だった美濃吉のお節料理2

和過ぎてちょっと物足りないかとも思いましたが、、我が家では正月早々、食の苦行の習わしがあるので、年越しそばに雑煮を食べた後のお腹にはちょうど良い薄味でした。
(なぜか雑煮を先に食べるんですよ、我が家では。。。普通って逆ですよね。)

いやぁ、さすがは美濃吉!
と言いたいところですが、美味しい美味しいと言われているお節も、所詮は冷め切った料理で、舌鼓して感動するほどの食べ物でないような気がします。
絶品だった美濃吉のお節料理3 絶品だった美濃吉のお節料理4

と言いながら、おせち料理に目のないワタクシ。
今年も満足なスタートが切れました。

人気ランキングはこちら
  
ホテルオークラ【和・洋二段重】
ホテル伝統おせち 関西限定 最高級おせち料理
京料理矢尾卯のおせち 予約受付中 京都伝統のおせち二段重(50種)

来年の正月は帰国間近のはずなので、たぶん北京で新年を迎えるであろうことから、2008年のお節のように、北京のどこぞの日系ホテルの日本料理屋に注文することでしょう。

少々気の早い話ですが、来年も美味しいお節を食せることを切に願います。

いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 



--------------------------------------------------------------

「トリート・テーブル」の料理教室 小さなお重のおせちと、お正月のつまみ。 日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心 (プレイブックス・インテリジェンス) はじめてでも縫えるこどものきもの―七五三の晴れ着・被布・羽織・はかま・お正月のきもの・ゆかた
「トリート・テーブル」の料理教室 小さなお重のおせちと、お正月のつまみ。
日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心
はじめてでも縫えるこどものきもの―七五三の晴れ着・被布・羽織・はかま・お正月のきもの・ゆかた


北京のダーシーって誰よ!ブログ(Blog)
http://daxi.blog55.fc2.com
[ 2009/01/02 02:02 ] 日本 帰省2009 | TB(0) | CM(4)


今年も宜しくお願い致します in 京都

二年ぶりに日本で年末年始を過ごしてきました。
        京都タワー2009

11月に一年半ぶりに一時帰国して以来の日本だったのですが、前回の出張でトンボ帰りだったのとは一転して、今回久しぶりにマッタリしてきました。

年末年始を京都駅周辺でカウントダウンしたとかではなく、京都タワーは関係ないのですが、冬の澄んだ空に浮かび上がる京都タワーって綺麗だなと、毎日のように見ていたモノに改めて和んでしまいました。

いやぁ、やっぱ日本っていいですね。
日本を離れている期間が長くなるほどに、日本という国に愛おしさを感じてしまうこの5年です。
駐在生活も残すところあと1年ちょっと。(の、はず!)

日々お越しいただいている皆様。1年間応援有難う御座いました。
本年も宜しくご指導下さいませ。

  
京都タワー  ゴージャス大人のペンダントトップ
【メール便発送・送料80円】京都限定はろうきてぃプチタオル(京都タワー)
定番つぶあん入り生八ッ橋。[京都土産]つぶあん生八ッ橋


いつも応援有難う御座います。
↓一日一回、二つのバナーをポチポチッっとクリックしてもらえると嬉しいです。
人気Blogランキング FC2

↓中国ランキングはこちら
中国ランキング 





北京のダーシーって誰よ!ブログ(Blog)
http://daxi.blog55.fc2.com
[ 2009/01/01 01:01 ] 日本 帰省2009 | TB(0) | CM(2)


訪問者数
いつもありがとうございます!

現在の閲覧者数
ブログ内検索
プロフィール

北京のダーシー

Author:北京のダーシー
某電機メーカに勤め、2004年4月より北京に駐在。
中国人と共に、中国市場を開拓こと6年。やっと日本に帰れると思ったら、縁もゆかりもない九州福岡に戻ることに。。。

半ば中国人と化した自分を、一日も早く日本人に戻すべく、日々ラーメンを食べながら奮闘中。





Skype Me™!
お気軽にメール下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセス元ランキング
ブログパーツ




ジオターゲティング

検索ワードランキング
参加Blogランキングサイト
中国関連サイトはこちらから!
FC2 Blog Ranking 人気Blogランキング 中国ランキング にほんブログ村 海外生活ブログへ ranQランキングへ ブログ王へ
ページランク
ページランク

ページランク
Yahoo!ボットチェッカー
Googleボットチェッカー
MSNボットチェッカー

free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
人気記事ランキング